大阪の尺八吹きです。尺八にとどまらず自作のオーディオや想いを!骨髄異型性症候群と多系統萎縮症という難病をわずらて闘病生活に入っています。


by takudoo1021
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

平塚八兵衛

 今週から大阪は本格的な梅雨の様相。早朝6時頃に雷様が号砲を上げ雨がザー。おかげで少し眠たし。
いつもは7時に起きるのに、ましてや昨日もテレビ朝日開局50周年記念ドラマ『刑事一代~平塚八兵衛の昭和事件史~』に見入ってしまった。前夜は帝銀事件、銀座そごうデパート殺人事件がメインであった。
b0189977_18324789.jpg

  1948年帝銀事件に発生した。当時僕は2才だから、同時代的な記憶はないが、は平沢貞道さんが終始無罪を訴え、社会的にも大きな話題になっていた。アリバイと、所持金で逮捕に踏み切ったことは見ていても、不十分ではないかと思った。731部隊の関わりが殆ど出てこなかったのはどうしてだろう。もっとも、平塚は「名刺班」言う所でその関連でしか操作できなかった。「青酸化合物」にまつわる大事な情報は、GHQに差し止めされ、ヒラの捜査員にまでは届いてなかったのだろう。

 帝銀事件 ←クリック

 昨夜は、吉展ちゃん誘拐事件と三億円事件だった。小原保のアリバイ崩しと10日間の取り調べは迫真のものであった。
 小原元の1971年に処刑された。「最後を迎えることになった小原は、信頼していた教戒師に、「先生、お経は私のためではなく、吉展ちゃんの冥福を祈って、あげてください。私も吉展ちゃんのために一緒に唱和させていただきます。それが私の成仏にもつながるものと信じます」と言った。また、取り調べで心を開いた平塚八兵衛警部には、「今度生まれてくるときは真人間に生まれてきます」という言づてを看守に頼んだ。享年38歳。」

辞世の句として

  「ほめられしことも嬉しく六年の祈りの甲斐を見たるつひの日」

 死刑の実施におおきな問題を感じるのは僕だけだろうか。

 それと三億円事件。父親が白バイ隊員である少年Sにはふれられなかった。「単独犯」ということで、少年Zも釈放ということで時候になった事件。一方では当時の学生運動家を洗い出すローラー作戦を強行するねらいがあったんではともいわれている。

  
三億円事件 ←クリック

 おっと写真は、昨日大家さんから頂いた、花と豆。 左手の豆、少しの湯通しで抜群に美味い。豆粒より皮の肉付きが。お酒にいい。今日もこの豆と、サラダで夕食だ。
[PR]
by takudoo1021 | 2009-06-22 18:30 | 日々のこと