大阪の尺八吹きです。尺八にとどまらず自作のオーディオや想いを!骨髄異型性症候群と多系統萎縮症という難病をわずらて闘病生活に入っています。


by takudoo1021
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

海賊退治のため?知ろう!

 24日のマイミク、冴えキング@抜群!さんの日記からソマリアへの自衛隊派遣の問題を考えさせられた。

今国会で審議されていた海賊対処法案が衆議院で可決、参議院で否決、そして6月19日に衆議院で再可決され成立しました。この法律の目的は、海賊事件が相次ぐアフリカ東部のソマリア海域において、「日本に関係のある船の警護」をするためと、「海域の平和のため」とされています。しかし、海賊問題の根本を見て解決しないと、その場しのぎの対策に過ぎないのではないでしょうか? 

上をクリック下さい。

 解散総選挙ということで、民主党が政権交代現実化の中でソマリア派兵を条件付きで認めると方向チェンジした。政権につく為の現実路線というのだろうけど、それでは自民党政権へのにじり寄りでしかないのでは。
それはともかく。

 知らない中での憲法9条からの乖離が急速に進められている。

憲法9条
 1,日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。[1]
 2,前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。

 この9条に寄ってたって、どう対処出来るのか?
上記の在日ソマリア人Bulhan Hersiさんは言われる。

「一つ。まず違法な外国船による密漁・乱獲をやめさせること、そして有害な廃棄物投棄をやめさせることです。これはそんなに難しくないことでしょう。これで「海賊」行為はストップします。
 二つ。各国がソマリアに軍隊を派遣していますが、それに使う膨大なお金をソマリアが自らの力で沿岸警備隊を創れるための支援に使うべきだと思います。 」

 自国の民間の貿易商船を海賊から守ることの大儀。当たり前ではないか!と意義さえ申しにくい状況で自衛隊の国際紛争への関わりをふやしていく。

でもあえて次の発言を引用する。

 「「海賊」対処だけが理由ではないでしょう。ソマリア近辺には石油が多く眠る地域もあります。またイエメンとソマリアの間の海は、ヨーロッパとアジアのきわめて重要な航路。非常に戦略的に重要な地域ですから、みんな支配したいのでしょう。魚より、廃棄物より、「海賊」より、もっと深い、一般の人々が知らない理由があるはずです。深刻な問題です。 」
[PR]
by takudoo1021 | 2009-07-26 10:10 | 日々のこと