大阪の尺八吹きです。尺八にとどまらず自作のオーディオや想いを!骨髄異型性症候群と多系統萎縮症という難病をわずらて闘病生活に入っています。


by takudoo1021
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

神戸異人坂殺人事件

 この前、堺市の土塔庵へ行く時、馴染みの?天牛書店で250円均一で4冊手に入れた。
その中のが小谷恭介の宮之原警部シリーズ「神戸異人坂殺人事件」である。
電車の中とかで移動の時に軽く読めるのがいい。

 ということで、小谷恭介の本何やかやで70数冊ならんどる。

 宮之原警部は警察庁広域捜査室に所属する「日本で唯一人の広域捜査官」である。身長約180センチ。年齢46歳。現在京都在住。チェック柄のスーツを着ることが多い。以前は喫煙者で缶ピースを喫煙していた。

 ダンディであると共にいろんな分野に博学(作者が?)であると共に社会的な問題に対しても庶民の立場にたった批判的視点をもっている。
b0189977_191163.jpg
 最高の事件は「謀殺列島」で5冊の長編。
 ベストは、「五木の子守唄殺人事件」
 ↑これは読む価値ありだ!

 同じようなで少しやわいんが、
内田康夫の浅見光彦探偵だ。
これもたくさんあるわ。


 所で、神戸異人坂殺人事件は
舞台が神戸と言うことで、学生時代すごした周辺がいろいろ出てくるし、
時代的にも遡った事柄が複雑に絡み、世相とも相まって面白く読めた。
残念なのは、スグ読み切れると言うことです。(笑) 
[PR]
by takudoo1021 | 2009-07-28 19:10 | 読み本