大阪の尺八吹きです。尺八にとどまらず自作のオーディオや想いを!骨髄異型性症候群と多系統萎縮症という難病をわずらて闘病生活に入っています。


by takudoo1021
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

離任式

 今朝は比較的早く起きたんで、レコードを聴いた。最近やっと落ち着いたアナログ再生。
 中島みゆきの「「私の声が聞こえますか」20数年まえのものだ。b0189977_19271788.jpg
  「めぐるめぐるよ 時代は巡る
   別れと出会い くり返し
   今日は倒れた 旅人たちも
   生まれ変わって 歩き出すよ」

 前にも書きましたが3月で40年やってた教育現場の仕事が終わった。
で今日は職場の先生方と子供達・保護者とのお別れの日となった。
ここ5年間は非常勤嘱託として気楽にすごさせて頂いていたんで、さほど感慨は無かったが、いざ子供達と出会うと、「ああもうこんな機会はなくなってしまうんだ」とせまるもんも湧いてくる。b0189977_19411892.jpg
 病気や障害を持ったことにより、生きることすら必死なならざるをえない日常生活。そのこと、その姿からやはり「必死に生きる」ことを学び、自分の生活を考えていく、そしてやはり生き抜く。そんな40年を終えた。というかまたこれから始まる。
 そんなこんなのお礼に変えて、離任式の挨拶の中で「さくらさくら」の尺八演奏を聴いて頂いた。

  風が吹き曇った空、散りゆく桜なんか世に立つ我が姿か。いや生き抜く!そんな想いが伝わったか。
 職場のみんなや保護者から花やいろいろ頂いた。食卓に並べ、これから晩ご飯だ。じっくりお酒も楽しもう。

 「だれも悪くは ないのに 悲しい事なら いつもある
      願いごとが 叶わなかったり 願いごとが 叶いすぎたり
  だれも悪くは ないのに 悲しい事は いつもある」
[PR]
by takudoo1021 | 2010-04-09 19:48 | 日々のこと