大阪の尺八吹きです。尺八にとどまらず自作のオーディオや想いを!骨髄異型性症候群と多系統萎縮症という難病をわずらて闘病生活に入っています。


by takudoo1021
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

初夏の中、大野一雄も

 昨日は、近くの中学校の先生にお会いして、和太鼓クラブの子らの横笛のご指導をということで練習風景を見せて頂いた。メンバーは7人ぐらいでほとんどは地域でやている笛のワークショップに来ていたんで初めてではなかった。しかし笛の技術はさすがによく練習しているんだろう上手くなっている。が音色がうーん。
 ということで豊中市の人材バンクに登録手続きをして、和太鼓クラブの指導に関わる事になりました。

 夜は、中崎町にある天然芸術研究所に行き、JUNさんの月例の傾舞を見に行く。まぁいつも舞台の方で尺八吹いているんで、客席では初めて体験しました。音は三重県からの大岡英介くん、10数年ぶりにか?マイミクで生音聞くの楽しみだった。

 JUNのブログを見て大野一雄が亡くなった事を知った。白虎社の「夏期合宿」で映画の中で初めて出会い、白石かずこさんの詩の朗読会ではじめてその踊りを生で見、また劇団「態変」の舞台で伊丹のアイホールで見、いづれも空気を動かす存在感と美的感覚の鋭さに感動したもんであった。
 今日のJUNの踊りも大野一雄に捧げる女舞。鍛え上げられた筋肉を緩め、優しく優美に舞う。
大岡英介の音がしかし現実を突きつけていく。そんな感じでとても良かった。

 来月7月3日(土)は卓道も参加します。そして 大岡英介君にも参加をお願いした。

  JUNの傾舞のページ →コチラ
 
[PR]
by takudoo1021 | 2010-06-06 20:18 | 日々のこと