大阪の尺八吹きです。尺八にとどまらず自作のオーディオや想いを!骨髄異型性症候群と多系統萎縮症という難病をわずらて闘病生活に入っています。


by takudoo1021
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

暑い最中に

 この週末は忙しで、23日(土)は地元の「蛍池納涼祭」に和太鼓グループ「螢」のメンバーに混じって参加しました。会場の豊中市立第18中学校までは自宅から歩いて4分ぐらい。まさに地元ではあります。
 中学生たちの和太鼓の演奏の後、「螢」の3人の演奏にむけてのつなぎで吹かせて頂いた。今年は出店も少し減ったかなという感じの中ではありましたが、暑さにめげずに「新相馬節」のメロをアレンジしました。

 そして24日日曜日は57年ぶりの復活を遂げるべく堺の出島の「くじら祭」に参加しました。
b0189977_17535581.jpg
 
 9:00から「出島漁港とれとれ市」で出発式をしました。 まずお祓いをし、堺市長や議会議長さん、地元の方々の挨拶があり、最後に「新くじら音頭、踊りを披露しました。
 そしてトラック、バスで住吉大社に移動。
b0189977_1821414.jpg
11時過ぎよりなんとか大社の鳥居を抜け、境内練り歩き、太鼓橋を渡るクジラ。リハ無し、段取りずれる中、尺八・笛・三味線・太鼓で盛り上げる。
 本殿までたどり着りついて、お祓いを受け、「新くじら音頭、踊りを奉納しました。
 ちょうど韓国でお世話になった祥明大学の文化交流の学生達もかけつけてくれていた。バタバタしていてほとんどお話しもできず、申し訳なかった。
 当日の様子はJ-COM、毎日、関西、読売の取材が来ていたんでそれなりにニュースで流れたと思いますが。一心堂書店の鎌苅一身さんのご尽力と地元の方の盛り上がりで、57年ぶりにココまで来ることが出来ました。5年前からいろいろ関わらせて頂きましたが、つたない「新くじら音頭」採譜・アレンジでしたがなんとか定着している姿にホットしました。
  YouTubeには→コチラ
 夜は、せっかく来て頂いた韓国の学生達にお礼を言おうと天人のゲストハウスへ。学生達は途中お風呂に出かけましたが、高先生にジャージャー麺をご馳走になりました。

 明日は天人の10周年ということで天然芸術研究所でJUNらとパフォーマンスをします。7時頃からと思います。
          
[PR]
by takudoo1021 | 2011-07-25 18:23 | ライブの報告と試聴