大阪の尺八吹きです。尺八にとどまらず自作のオーディオや想いを!骨髄異型性症候群と多系統萎縮症という難病をわずらて闘病生活に入っています。


by takudoo1021
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

今日は人生65周年なり。

 今日、2011年10月21日は65才の誕生日であります。なんかここ数年誕生日を迎えても幾つになったのか、なかなかわからず、年金の受給手続きもおくれてしまったし、ぼんやり過ごしてしまっていた。
 今年は役所から介護保険被保険者証が月の頭に送られてきたんでやっぱ「老人」の分野に突入かと実感。

 ぶらっと何処か出かけようかでも天気はさえないし、極普通の1日。でも晩ご飯はこるかとか思って、日記を書いている。
 65年。二十歳を過ぎてからでも45年という流れは、永くしかし刹那の様でもあった。b0189977_15473652.jpg

時は変わってしまった  はげしい争いの 後で
 どれが本当の 幸せか  見極める 事もなく
           時は変わってしまった
 時は変わってしまった  だけどあらそいは 消えず
 夢を見ていた 人だけが  むなしい心に 傷つける

 時は変わってしまった     (五つの赤い風船)

アナログプレーヤーの最終チューニングが済み少し余裕が。もう一枚

  いく時代かがありまして 茶色い戦争もありました
  いく時代かがありまして 死んだ人もありました
  いく時代かがすぎてゆき 忘れさることのかぎりを続け
  淋しさはこのからだに 消えては灯るちらちら明かりのように
  仮の世のたわむれに 酔うて唄って夜が明けた  (加藤登紀子 いく時代かがありまして)

        中原中也の「サーカス」をヒントに創られた曲だ。思わず口ずさんでしまう。

 ただ私は一つの夢を持っていて
 いつもそれに賭けている。
 自然は少うし怠屈だし
 
 私は無一物だが
 私には大切な夢があって
 いつもそれに賭けている。    (小野十三郎)

雨が降りそうで 降らない
虫たちは 鳴きをやめた。
暗雲がいよいよ 立ち篭める今日
風が戸をたたく 「おはいり」と

「原初 風は音楽であった」
私はまた止めどない一節を刻んだ。
[PR]
by takudoo1021 | 2011-10-21 16:05 | 日々のこと