大阪の尺八吹きです。尺八にとどまらず自作のオーディオや想いを!骨髄異型性症候群と多系統萎縮症という難病をわずらて闘病生活に入っています。


by takudoo1021
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

Technics SL-1200MK4改造 

 久し振りのアナログ再生ネタです。アナログ再生には欠かせないレコードプレーヤー。これもいろいろ遍歴があって、このブログ始めてからでもTechnics SL-1200MK4→maicroMRー611と。b0189977_17211835.jpg
 しかし充分馴染んだSL-1200MK4への未練と(78回転がありSPも再生可能)611のSN向上という課題もあり、ついにSL-1200MK4の弱点というかトーンアームの交換に踏み切った。まあ大変な作業になりました。そしてなんとかグレースのG-545を取り付けることに成功。アームの全長や実効長のかげんでこれはクリアーしていたんで。そしてターンテーブルをがちっと押さえるいわゆるパンツもはずした。左の姿から下のように。

b0189977_17282683.jpg

 ちょっとわかりにくいですが、申し訳ない。音はよりアナログ的な拡がりと柔らかさをもたらしてくれる。実効長が僅かのび、アーム取り付けには5mm厚のアクリルを使った。見場もなんか良い感じ。いろんなカートリッジで聞きまくったが、結果は満足を得ることに。マイクロのMR-611はお休みに。
b0189977_17371044.jpg ということで今回のカートリッジは
 非常にレアなCECのMC-20S
 元々は丸針で針圧は2.25g
 それでも良い感じだが、
 他のカートリッジに埋もれるし
 子音が刺さる。 それで
 贅沢にもJIICOのSAS針に交換した。
 ヘッドシェルもオヤイデのHS-CF
 カーボンファイバー素材の立派なものを
 使用する。これで解像度の高い奇麗な
 音を拡がり感をもって奏でてくれる。

b0189977_17492071.jpg 今日かけたのはコルトレーンの「クル・セ・ママ」 A面は彼らの祖先の地アフリカに繋がるリズムの中ジュノ・ルイスの詩が歌われる中、アフロ・アメリカンとしての後に叫ばれる「ブラック イズ ビューティフル」「ブラック・パワー」の原点を感じさせられる。
 B面はマッコイ・タイナーとエルヴィン・ジョーンズがコルトレーンの許を去る直前の録音とみられ、緊張感あふれる演奏が聴かれる。コルトレーンとエルヴィンのデュオの「ヴィジル」は最高だ。「至上の愛」や「クレッシェンド」のような完成した「コルトレーンの世界を」打ち破るパワーを秘めている。
[PR]
by takudoo1021 | 2012-05-17 18:07 | オーディオ・器材