大阪の尺八吹きです。尺八にとどまらず自作のオーディオや想いを!骨髄異型性症候群と多系統萎縮症という難病をわずらて闘病生活に入っています。


by takudoo1021
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

あけましておめでとう。

 新年を迎えました。 昨年は格別の愛顧を賜り有難うございます。

 6のぞろ目ながら、東住吉区湯里の放課後等デイサービス「熊の家」に児童発達管理責任者として再就職いたしました。
 老体に鞭打ち、仕事、尺八演奏に精進してまいります。よろしくお願いいたします。

今年こそ素晴らしい一年でありますよう、
心からお祈り申し上げます。

 大晦日は、虚しき昨年の総括のため、尺八で「虚空」を吹きました。虚も空も「むなしい」と。しかしそれはこの世の世情(色)であり、天然自然の理(空)の存在に思いをはせ、色即是空、空即是色の胸中に。
 そして、20年以上ぶりかで、ショスタコーヴィチの交響曲第5番をきいた。ムラヴィンスキー指揮のレニングラード・フィルハーモニーの演奏。モノラル盤である。
b0189977_23543156.jpg
 社会主義リアリズムにのった叙事詩的流れの中で、第3楽章はまさに今の日本の状況下ともおもう。マイクロMRー611のベルトドライブにDENONのDL-107が針圧2gで奥深い音を奏でてくれる。1969年製の107は全高が低いのでヘッドシェルはマイクロのH-303。これがピッタリ。古い当時の雰囲気が今蘇る。
 このレコードは高校から大学、そう青春時代に聴きまくった。ピチピチ・パチッという針音に僕の青春が織り込まれている。
b0189977_033119.jpg
おせち料理も出来ました。今日は夕方、桃山台の土希んちで家族が集う。そこに持って行く。味は正月のお楽しみ。 年末になると食品の値段がびっくりするくらい上がる。これも安倍の号令によるインフレか。
 家内は仕事で韓国へ行っている。静かな年越しである。
 
[PR]
by takudoo1021 | 2013-01-01 00:08 | 日々のこと