大阪の尺八吹きです。尺八にとどまらず自作のオーディオや想いを!骨髄異型性症候群と多系統萎縮症という難病をわずらて闘病生活に入っています。


by takudoo1021
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

療養生活その25

2014年も暮れようとしてます。今年はビックリ仰天の年でありました。3月に、歩きにくい(何か杖にんるものが必須)で整形に通ってたけど、「ろれつが回らん」自覚で、T市民病院へ駆けつけたところ血球値が少なく。骨髄検査をいわれ「芽球増加を伴う再生不良貧血」(骨髄異型性症候郡)と診断を受けMRIも受けて多系統萎縮症という難病と診断される。今日日の医者は何も言ってくれない。ひたすらノートパソコンの打ち込み。難病の認定手続きなどの説明もないまま月日は流れた。
(骨髄異型性症候郡)の治療が急ぐということでビザータの注射を選んだのは時期的にもうまくいっておったんとおもいます。
 一方、多系統萎縮症の進行で身体の動きが鈍くなって、みなさまにご心配をかけております。
 長かった段組の難しいのやっと2回目読み終える。相似象フラクタルにまたであった。
b0189977_9125434.jpg
「闘病生活」「療養生活」どちらを使うのが良いんだろうか。骨髄異型性症候郡の方は「闘病」食事・生活を多面にわたり律した生活を過ごすし、毎回の入院(アザシチジン注射)がついて回る。一方、多系統萎縮症は治療法もないし、進行して末期にどうなるのかが人それぞれと。出来ていたことが次々に病気により毛釣り取られていく。要介護で「療養生活」2ツの難病を患い、生活も多面的に、療養・闘病と。 2014年がかくして暮れなずむ。
 大味噌、世間では押し詰まってと言うのでしょうが、こちらは、日常的な入院生活。世の荒波はとどかずに、過ごしております。今年から2つの難病を背負い、生きとりますが、何処と放しの倦怠感や、慢性的なふら付きに気力も鈍りというか鈍らざるを獲ないこの一年でありました。お約束など果たすことや約束とう不義理のままということも多々あったと思いますここにお許しを請います。年が変わってもよろしくお願いいたします。
[PR]
by takudoo1021 | 2014-12-31 09:20 | 日々のこと