大阪の尺八吹きです。尺八にとどまらず自作のオーディオや想いを!骨髄異型性症候群と多系統萎縮症という難病をわずらて闘病生活に入っています。


by takudoo1021
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ:日々のこと( 266 )

脳死?

 臓器移植法案がとおった。

 「いのちのはたらき、それは人間の想いをはるかに超えたものであります。それを人間の都合によって「生」「死」を決定し、更に国の法によって法令を規定することには重大な問題をはらんでいます。そこにはいのちを対象化し、モノとしか見ず、その結果、役に立つか立たないかというところでいのちを扱い、生の拡張のみを事とするエゴイズムがあります。」 真宗大谷派宗務総長 能邨 英士

 重度の障害を持ってる子の親が、「その子が生きてることが許されるのか」との不安があると。僕はいずれ、世の意識はそうなるかもと。小泉・竹中ラインの政治は、弱きものは、アメリカのハゲタカファンドの餌食になれの路線を強いてきた。金さえあればの風潮をも産みだしてきた。そんな中、僕は前言を「考えすぎだよ」とはいえなかった。

 ネットを見ると

「愛ですか 脳死臓器移植」脳死・臓器移植を考える委員会編 /社会評論社

 の内容紹介ページに出会った。

「移植が始まると、最初のうちは監視の目が強いので、厳格にレシピエント候補を選び出します。・・・・・・
が、そういう方には失敗が多いとお話ししました。そこで移植がつぶれていく可能性がありますが、逆に言うと、移植が上手くいくには、最初からかなり状態のいい人を選んでいく可能性が高いことです。これは世界中で移植を始める時の一般法則となつています。長いウェイティングリストができた場合にやることは、お金を積むことです。アメリカでも疑惑が出てきていますが、日本はアメリカ以上に医者と患者のお金の授受は野放図状態です。最後に脳死臓器移植は人の死を期待する医療です。医療の場で人の死を期待することはしたくないです。この脳死臓器移植の話はその場面だけに限らずに、日本全体に非常に大きな精神的なダメージを広げていくことになります。そのことを一番恐れています。」近藤誠(慶応大講師)

 1968年の和田生体解剖心臓移植実験に関して、医学・医療界はきちんと総括し、二度と同じ過ちを繰り返さないという決意表明をすべきである。
 
 本当にある患者に「臓器移植」しかないのかの医学的根拠、そして治療法への肉迫がおろそかになり、状態のいい人(「あと1年と」いわれる人の中でもかなりそれ以上生き延びる現実はある。)を対象にされる。

 そして、費用の問題もある。確かに海外渡航経費は必要なくなるが。本来「健康保険」制度とは何のためにあるのか。生きる「平等性」ももはや失われているこの日本で。

 虐待を受けていた子の問題もある。親は自分の犯罪が明らかにならないように「臓器移植」を申し出る。
 
 交通事故での「脳死者」も餌食にされそうだ。急な事故の知らせで本人と対面し、移植を、精神的に迫られ、まだ暖かき身内に移植すべき臓器を延命させる作業が展開され、切り取られていく。事故の解明のための「解剖」などは意味を持たなくなる。

 アメリカ等では、子供の誘拐多発を産みだしているという指摘もある。また、昔はそんな昔じゃない日本で「血を売って」ということがあった。 すでにアジアでは「臓器を売る」事があることは、TVの報道でも明らかにされている。このような実態とそんな思潮の拡がりは、やはり恐ろしい。

「草食動物を肉食動物が食べて、またそれを人間が食べます。食物輪廻と言いますか、人間という動物は特殊な立場にたつた生き物です。しかし人間同士は決して食べないと強調します。そして生きて拍動している心臓をえぐり出すことは食べるよりも悪いのです。臓器移植は、きわめて残酷で危険な考え方を後世にまで文化的に残します。人の肉を食ったり(カニバリズム)、人の心臓を取る移植を、なにゆえ人間同士がやらなくてはならないのでしょうか。人の死は、肉体の死と同時に社会学的な死でもあると世間で言われます。これは文化論的意味を持ち、非常に意味深いものです。一人の人の死は、その家族をはじめ、生き残っている人々にとって精神世界の問題も含んでいます。葬礼の行為があり、また死者を偲ぶ心があります。人の身体というのは、生きている時はもちろん死んだ後でも尊厳性があり、愛の対象でもあります。」
                                  廣澤弘七郎(東京女子医大名誉教授)
[PR]
by takudoo1021 | 2009-06-19 19:20 | 日々のこと

病院へ

 気軽に病院へ。じつは卓道は寄る年波で血圧がいちゃてたんで、3年前から血圧の薬を毎日服用。薬が切れるんで、もらいに医者へ。それ以外は、まぁ医者にはかかるまいというか、自力でうーんと言いながらいわゆる風邪や捻挫、詰め剥がれなど克服してきてますが。

 血圧も200までいってたんで、こりゃやっぱ「ヤバイ」と。その前のとし十二指腸潰瘍のピロリ菌を直すために薬をもらった所、完璧に直ってしまい、25年近く抱えていた痛みとサヨナラ出来た。さすが「西洋医学」と!
西洋医学に残念ながら頭を下げ、以来薬は欠かさず飲んでいる。

 今日の血圧は126-76まぁ順当。しかし薬を何日か抜かすとはっきり数値に出る。ということで、続けてはおります。

 としかし、体重が、70.1Kg!去年よりそれまであった74~75の数字を70以下に落とし込めてきていたが、油断大敵。原因はやっぱ食べ過ぎだろう。美味しいものでついついはづんでしまう。

 で今日は、豆腐サラダもいつもの半分。後大根おろしに、刺身こんにゃくと行こう!まぁ身体は仕事で、帰ってくるとがっくりする位動かしているし、40分近い自転車通勤だ!

 そう、嘱託ながら仕事してるので、健康診断はただで受けることは出来ている。今年の結果も総コレステロールと赤血球の数値が少し上限を超えているが、異常なしが並んでいる。酒をようさん飲んでいるが、肝機能も異常なし!ということで、今日も美味しく酒を食らおう。ビール?ウンこいつは体重増加の一因かも。ま、いいか。
[PR]
by takudoo1021 | 2009-06-16 17:25 | 日々のこと

何となく日記

 蒸し暑くなって、梅雨入りのち晴れ。鳩山法務大臣が辞任。民間なんだから国が口出しするのは郵政民営化を否定することになる。そんな問題じゃないでしょう。国民の金で作った簡保の施設をめちゃ安で西武とかに横流し。そんな西川社長の責任は?収益を倍にした功績があるとか。しかし国民目線とはかけ離れている。
 
 でまぁ比較的落ち着いておる私の日常の中。週末は身体はやはり労働によって疲労がたまってるんだけど。ご飯を食べよう。b0189977_22283584.jpg

 今日はこんな感じ。玉葱とワカメの豆腐サラダ。山芋のすりおろしもずくかけ。サワラのみそ漬け焼き。それに玄米古米ヒジキ入り。テレビを見つつごちそうさま。

 明日は堺市にある土塔庵での寄席の裏方。日曜日は京都明暗寺での本曲独奏会に参加。また元気になれそうだ。

 京都教育大の犯罪の続きの情報が全く出てこないな。そういえば大学受験の時、教師志望の身だったんで、一度見学に行ったな。古い木造のいい大学だったけど45年も前だ。名前も京都学芸大学だった。
そう名称変更の頃から。教員養成大学も変わっていったんだろうな。 
[PR]
by takudoo1021 | 2009-06-12 22:47 | 日々のこと

今日の晩ご飯

 今日梅雨入りが発表されましたね。ジメジメと暑くいやな時期。身体大事と食事の話。この頃は、豆腐サラダにあと1品で古米とヒジキを混ぜて炊いた玄米ですごしている。

今日は、むきエビをメインにしたサラダ。ノンオイル胡麻ドレッシングに黒酢もずくをかけている。
b0189977_18492640.jpg


 もう1品は根菜の煮付け。蓮根、大根、牛蒡、人参、蒟蒻を厚揚げで炊いている。野菜を!というが、根菜も身体にいいとか。でもついつい根菜は手間とかアクではづしてしまう。「いかん」と思い、何とか時間あるときは煮込む。
 厚揚げを使ったので、サラダに豆腐入れてない。こんばんは朝に玄米付ける時間がなかったので、以上。
ご飯の代わりは、まるいお猪口でお酒を頂く。

 赤い食材は、若さを維持するのにいいとかで、エビ、トマトを今日は使った。まあこうして作って食べてると、その味で慣れてしまって、特に外で食べようとか思わないし、お金もかかるので、外で飲んだり食べたりは月に1回ぐらい。仕方ない時もあるので。

 血圧は高いので、(やむなしに西洋医学の薬を服用中)薄味ではあるけど、元々そのラインですごしてきたので、今も薄味。その「食材の個性と主張を大事に」の哲学?

 ではまもなくおいしく頂きます。あっそれと皆さんのコメントをお待ちしております。ブログはじめて間が無いんですが、是非お言葉をお待ちしております。よろしく!
[PR]
by takudoo1021 | 2009-06-09 18:53 | 日々のこと

京都教育大

昨日のCHOVE CHUVAのライブ良かった。狭い空間でマルコ・ひきたま・ウパシクマのエネルギーが迫ってくるし、そうじていろんな意味で今の世生き延びる事を考えさせられた。みんな有難う!

そんなこんなで、午前中は土塔庵の寄席・イベント案内の葉書作成に時間をかけた。その合間新聞とってないのでニュースをチェック。

京都教育大学の件。つい2チャンネルも覗く。そうじて加害者への批判だけれど、中には恐ろしいことも書かれている。MIXIの中で加害者の友達(競歩してる学生)が、その加害者の話として明らかに崩れる話をのせ2チャンネルではたたかれているが、その日記に寄せられたコメントの中に

「置換(痴漢)冤罪と同様、「女の言うことを信用する」という日本人の甘さ。
「従軍慰安婦問題」と同様、女が泣いて訴えるとぐらっと気持ちを揺れ動かしてしまう
いい加減さ。」

日本人は中国・朝鮮侵略戦争で何も悪いコトしていないという右傾化思潮の蔓延の中出てくるカキコ。
背筋が寒くなる。

「冤罪とか同意のもととかヤリコンとか言う前に、教育大に通いもしかしたら教師になろうとしているものが、泥酔してよくわからない状態の人間を「介抱する」という発想が起きないのか疑問です。」

「被害者は未成年でありまわりは飲むのをとめなければいけない 」

 という意見に同感である。

全員否認。本人達は何を考えているんだろう。

 又大学の対応と、加害者の一人の親、茨木市教委の原田茂樹・青少年課長の対応はホント怒りを覚えるものである。

 教職をもう数年前に退職しいまは嘱託ということで関わっている教育現場だけど。時代と共に先生方の意識は変わっては行くモンだとは思うが、教職を目指すものの今回の事件はあまりにも情けない。

 それでなくとも「原田課長」の輩が巣くう教育委員会の現場への締め付けが強い中、いろんな問題が山積みの中で、先生方は頑張って欲しいし。教員養成大学は、きっちりと「教育」とは何かをきっちりと示せる大学であって欲しい。、

 
[PR]
by takudoo1021 | 2009-06-07 14:39 | 日々のこと

梅雨になる?

昨日のこと

庭の紫陽花が最高潮。ということはもう梅雨なんではとかおもいつ。
先週は、仕事がきつく。卓道少し疲労中。で起きて40分ほど大阪空港周辺をふらつく。適度の汗が出てくるまで。
b0189977_1363615.jpg


 午前中は、侑峯さんのHPの公演情報のUP。で吉本見てしまう。そして昼寝。1時間20分寝てしまった。阪神見ながら、お風呂に入り。

 と、朝、昼ご飯をしっかり食べました。いつも休みの日は体重落とすために、一回にしてるんだけど。玄米と、豆腐サラダという所。

 体重は最近は70kgを超えることはなくなった。

で、それから肥後橋のCHOVE CHUVAへ知り合いのライブを聴きに行きました。

★ウパシクマ
佐伯雅啓(三線・トンコリ・ギター)
居森やよみ(ボイス・エフェクト・ジェンベ)
森川良哉(尺八・イフェクト)
山田聡(ケーナ)

★丸岡マルコ淳二(ギター&うた)

★ひきたま(カリンバ・パンディロ・うた)

ミクトモ森川さんにははじめて合うんで楽しみだし、後のメンバーもホントひさしなんで楽しみだ。

 何かまともな日記みたいになったな。
[PR]
by takudoo1021 | 2009-06-07 01:36 | 日々のこと