大阪の尺八吹きです。尺八にとどまらず自作のオーディオや想いを!骨髄異型性症候群と多系統萎縮症という難病をわずらて闘病生活に入っています。


by takudoo1021
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:アートスペース土塔庵( 55 )

宮城 梓 LIVE TOUR

 【宮城 梓 LIVE TOUR ~独唱~】 の最終日として、土塔庵で着物をきて是非と言うことで我が土塔庵を選んで頂いた。ソロでの初めてのツアー。東京2か所、名古屋を終えられて、お着きになって凄く気にいっていただきました。b0189977_1604392.jpg


三線を片手に、沖縄民謡、そして古典の曲を歌われる。
りんけんバンドの照屋林賢プロデュースのティンクティン
クの元メンバー(本人さんは卒業と)ということであります
が、古典を勉強されておられると。
沖縄の古典の曲を生で聴くのは初めてでありましたが、
しんみりと夕暮れの海岸で聴いているような気持ちよいも
のでした。
b0189977_16233488.jpg

 お客様も、宮城 梓ファンクラブの感じで、「さんば」をならされたり、おおいに盛り上がりました。
 終わって、「今日の音良かったです」とおしゃって頂いた。旧民家の土塔庵の自然な響きと、卓道制作のデジタルパワーアンプのもたらしてくれたもの。PA担当者としても嬉しい限りでありました。
 宮城 梓 さん有難うございました。また土塔庵でのライブお待ちしております。
[PR]
by takudoo1021 | 2012-01-30 16:38 | アートスペース土塔庵
b0189977_16112552.jpg
 今年初めての土塔庵寄席は、
1月14日(土)開席。
お正月特別編としていつもの三席に加え
里見まさとさんも駆けつけて下さりました。
火鉢に炭をいこし、お餅を焼きながら、
お客さんを迎えて下さりました。


b0189977_16141656.jpg



  まずは、桂ちきんさんの「犬の目」
 町の目医者のええかげんな話
 今年の土塔庵寄席の初笑いです。

b0189977_16174085.jpg
二席目はいつもの旭堂南陽さんの講談。
木下藤吉郎の若かりし頃のお話し。

b0189977_1621065.jpg




 三席目は太平洋さんの「競馬解説」ではなくて
 左甚五郎シリーズの「猫餅」の力演。

b0189977_16243212.jpg



トリは里見まさと師匠のストレス解消の
創作話。何故か明智光秀・吉良上野の介・
ナポレオンが登場。


今年も土塔庵寄席をよろしくお願い致します。2月は11日の第2土曜 12:45開場・13:15開演
土塔庵寄席 その64

落語 桂紋四郎
落語 月亭八斗
落語 桂 春蝶

入場料:1200円で行います。生の寄席で寒さを笑い飛ばしましょう。
[PR]
by takudoo1021 | 2012-01-26 16:31 | アートスペース土塔庵

12月の土塔庵寄席

 お天気が曇りで冬の寒さ厳しく、始まる少し前から、雨がぱらついて来ました。そんな厳しき天候の中お越し下さった方々に頭が下がります。今年の最後となる土塔庵寄席62まずは桂ちきん君。b0189977_18524711.jpg
 2008年桂きん枝に入門という若手。お題は「牛ほめ」
 池田で家を建てた人のお祝いに大阪から出向く。
 「子ほめ」に似た展開。
 まず笑いで寒さを吹き飛ばしてくれた。



b0189977_1921668.jpg
続いてお馴染みの旭堂南陽さんの講談「間者」
12月となれば忠臣蔵ネタになるということで
堀部安兵衛が間者としてはたらく話。
寄席の全体を撮ると空いてる席も。
寒さと雨には勝てません。

b0189977_1911334.jpg
 トリは笑福亭由瓶(ゆうへい)さんの「千早ふる」
 「先生」の異名を持つ隠居のもとに八五郎が在原業平の
 「ちはやふる神代もきかず竜田川
    からくれなゐに水くくるとは」の意味を聞きに来る
 お馴染みのネタ。
 吉原の太夫の姿や、話をでっち上げる隠居の姿に
 笑福亭由瓶さんの特色がありました。
 
雨の中でしたがお越し下さったお客さん有難うございます。
次回土塔庵寄席は年明けて1月14日(土)になります。よろしく。
[PR]
by takudoo1021 | 2011-12-10 19:26 | アートスペース土塔庵

10月の土塔庵寄席

今までは講談師 旭堂南陽さんのプロデュースでありましたが、今月10月からは落語家 月亭八斗さん、笑福亭生寿さんの3人で回して頂くことになりました。
 そして今回は月亭八斗さんのプロデュース。お天気が良すぎて少し暑い位でありました。
b0189977_9524170.jpg

一席目は桂鞠輔(かつらまりすけ)さんの「子賞め」お馴染みの話が軽快に、テンポ良く流れました。2010年、桂米輔に入門ということで超若手で楽しみです。
b0189977_9564031.jpg
続いて二席目は月亭八方門下の月亭八斗さんの「代書屋」これも馴染みのネタではありますが、代書屋の仕草に八斗さんの味が出てきていました。b0189977_1003315.jpg
 トリは桂都丸(現塩鯛)門下の
 桂鯛蔵(かつらたいぞう)さんの
 「鹿政談」このネタは珍しい物で、
 奈良で鹿を殺すと打ち首になる
 世情での犬と間違って鹿を殺めた
 豆腐屋と裁く奉行の話。
 後半は講談のようにも感じる
 流暢なはなしに引き込まれる。

 今回は、三席とも米朝一門と言うことに
 なりました。
 
 八斗くんお世話になりました。
 
 来月は
 落語 笑福亭右喬
 講談 旭堂南陽
 落語 桂咲之輔 の三席です。

土塔庵寄席でお待ちしております。
[PR]
by takudoo1021 | 2011-10-09 10:13 | アートスペース土塔庵
 一時秋めいていましたが、ここんとこまた残暑きびしく且つ高い湿気で「うーん」という土曜日。
土塔庵では定例の「土塔庵寄席」がありました。b0189977_16242542.jpg
一席目は落語 露の眞さん。露の都さんの門下で
聞くとAKB世代とか。お題は「ときうどん」
かわいらしい「ひいふうみよいつむなな・・・今何時じゃ」
でありました。

b0189977_1631283.jpg
二席目は
旭堂南陽さんの講談






お題は「藤堂高虎出世の白餅」。 無一文の浪人の高虎が宿屋の代金を出世払いにと。最後は「城持ち」になり約束を果たすという話。
b0189977_1640853.jpg三席は笑福亭鶴二さんの落語「らくだ」
約1時間にわたる大作です。
9月17日(土)に~平成22年度文化庁芸術祭優秀賞受賞記念~の噺家生活25周年公演
「笑福亭鶴二独演会」を国立文楽劇場で持たれます。
「らくだ」はホント見ていて楽しいし、飽きることもなく1時間が過ぎてしまいました。
   笑福亭鶴二さん今目が離せない噺家です。

土塔庵寄席が終わって夜は土佐拓也ワンマンライブです。
b0189977_16545553.jpg

もう何回かこの土塔庵で、ライブして頂いている堺市出身のシンガーソングライター土佐拓也(Vo&Gt)そして松本郁大(Pf)ケンケン(Per)がサポート。
 独特の甘いヴォイスにピアノが美しく絡んでいく。蒸し暑さも吹っ飛んで、
9時近くまでロマンチックな夜が土塔庵に。

 ということで卓道は10時前に家を出て、帰宅したのは11時過ぎ(えっ1時間か?)
蒸し暑くって、身体はぐったりのご老体になっていました。
[PR]
by takudoo1021 | 2011-09-12 17:02 | アートスペース土塔庵

8月の土塔庵で

 8月の土塔庵は、寄席はお休みですが、例年素晴らしいライブで楽しませてくれる「流水バンド」が今年も8月7日(日)愛媛からやって来てライブをして下さいました。
b0189977_14151238.jpg
流水先生今年はのこぎり奏者ととのデュオで毎回ながら楽しませて下さいました。何となくのこぎりが、淡い哀調をかもしだし、まさに「真夏の夜に、ブルーな風を」でした。b0189977_14203053.jpg

  流水バンドの前には、地元の長田かっちゃんの
オリジナルブルース。もうすっかり板について、土塔庵に
 馴染んでいます。

b0189977_14235597.jpg







そしてトップをかざったのはカリンバ・パンディロを弾きながら歌うひきたまさんのステージ。「うつろな夢」1曲だけはのこぎりのなっちゃんと共に、卓道もおじゃまさせて頂きました。

こうして土塔庵の暑い夏の夜が更けていきました。卓道は流水さんらと2泊しました。
[PR]
by takudoo1021 | 2011-08-19 14:34 | アートスペース土塔庵

夏の土塔庵

 梅雨明け行こう厳しい暑さが続きますが、そんななか9日(土)は土塔庵寄席でした。
b0189977_16463132.jpg
一席目は講談師 旭堂南照さん。タヌキの世界のお話し。
b0189977_16484867.jpg
二席目は講談師 旭堂南陽 今回は講談が2席でした。
b0189977_16514395.jpg
三席目は落語家 桂ひろばさん。桂ざこばの一門。

お暑い中聞きに来て下さった皆様有難うございました。8月の寄席はお休みです。

土塔庵では8月7日(日) 17:30開場・18:00開演で
土塔庵ライブ其の四拾九「真夏の夜に、ブルーな風を!」
愛媛より「流水バンド」を迎え楽しいライブを行います。
堺市在住の長田かっちゃん・ひきたまさんも出演されます。

 詳しくは土塔庵のHPで→ココをクリック
[PR]
by takudoo1021 | 2011-07-11 17:05 | アートスペース土塔庵

土塔庵寄席 その56

遅くなりましたが5月14日(土)は「土塔庵寄席その56」がお天気にめぐまれた中で開かれました。
b0189977_16504416.jpg
まずは9回目の登場となる笑福亭生寿さんの
 落語「タヌキのおんがえし」
ネタも面白いものですが、生寿さんの話芸も
会と共に引き寄せる。

 そして土塔庵ではお馴染みの旭堂南陽さんの
 講談で秀吉の九州攻めの話。軍師に決まった
真田幸村に「若造が」と反発する福島正則の話。

b0189977_1701780.jpg

  続いて桂米紫さんの「替わり目」酒好き男のお話。お猪口の酒を
 飲む姿がホント美味しそう。
  桂都んぼから昨年8月、四代目桂米紫を襲名され
 米朝一門としての芸の確かさと、ざこば一門譲りの情熱とパワー
 を併せ持つ、若手熱血実力派落語の第一人者の高座でした。

  年明けから寒さのせいもあってかお客さんの入りがすこし少な
 かったんですけど五月晴れもあってなんとか回復してきました。

 これからも毎月第2土曜日の土塔庵寄席をよろしくお願い致します。

 
[PR]
by takudoo1021 | 2011-05-18 17:14 | アートスペース土塔庵
5月8日(日)急に暑くなった日。土塔庵では「♪生活向上委員会~美しさは、健康なカラダとココロから」がありました。b0189977_1743528.jpg

 まずは鍼灸師山田恵巳さんによる体ゆるめの体操から始まり、
 アロマセラピスト西山泰代さんのアロママッサージが加わる。
 五月晴れの日差しに土塔庵の庭の
躑躅の花が輝く。





b0189977_17505572.jpg

 参加された方々が、きもちよくなって
 良い感じの時に、今日ゲストで参加させて頂いた卓道が徐に
 尺八を奏でる。「手向」「新相馬節」を聞いて頂く。



b0189977_17583433.jpg
そしてひきたまさんのライブ。カリンバによる弾き語り。
 2曲ほど馴染みの曲のあと、震災・原発事故をうけて創られた曲を披露されました。
 そして 「うつろな夢」、
      「平和に生きる権利」、
      「アメイジンググレース」
 には卓道も入らせて頂きました。
 本心はドキドキもんでしたが、
 お客さんに助けられなんとか。

 土塔庵にお越しの方々有難うございました。これからもよろしくお願い致します。
[PR]
by takudoo1021 | 2011-05-10 18:09 | アートスペース土塔庵

4月の土塔庵寄席は

 4月9日(土) 土塔庵で、雨上がりの桜が9分咲きの中、 南陽プロデュース 土塔庵寄席その55でした。
b0189977_1884167.jpg
    まずは桂ぽんぽ娘の落語「長崎名物チリトテチン」

    登場人物が女性の嫁舅に変わっていましたが、
    長屋風景は同じ。




b0189977_18171876.jpg

 2席目はお馴染みの旭堂南陽の講談

 道具屋そうべぇの話。

 紀伊国屋から手に入れた骨董を次々に
 潰してしまう落語のようなお話しでした。


b0189977_18233912.jpg

 ラストは鶴瓶門下の笑福亭由瓶

 お酒を五升飲みきる凄い話。
 まぁすごい五升飲みきりの一部始終
 たっぷりと見せて頂きました。

 
 終わってマジな芸作りの話をたっぷり。

 五月は14日(土)で 
 落語 笑福亭生寿
 講談 旭堂南陽
 落語 桂米紫     の三席です。
               お楽しみに。


 
[PR]
by takudoo1021 | 2011-04-12 18:32 | アートスペース土塔庵