大阪の尺八吹きです。尺八にとどまらず自作のオーディオや想いを!骨髄異型性症候群と多系統萎縮症という難病をわずらて闘病生活に入っています。


by takudoo1021
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ:アートスペース土塔庵( 55 )

 登録文化財に登録された土塔庵での真夏の恒例になったライブ「真夏の夜に、ブルーな風を!」
b0189977_1824486.jpg
藤本健次(ギターひきがたり)から始まる。爽やかな歌声を愛媛、松山から届けてくれた。hisakuni (gt)のサポートも素敵でした。
b0189977_18342256.jpg 次は海千山千ズ。
 山田聡/ケーナ 西村靖博/ギター
 のお二人。滋賀より
 アコースティックなjazzぽい音楽を奏でる。
 しばしケーナの音色に酔う。

 続いて、地元堺のブルースマン
 長田かっちゃん(歌・gt)+浜ちゃん(gt)
b0189977_18402444.jpg 

 オリジナル曲を
 歌詞カードを携えての
 いつもながらの熱唱。



b0189977_18542334.jpg そしてトリは
 松山の若草幼稚園の園長さん
 流水先生率いる流水バンド。
 流水龍也 Vo. ・ギター、
 藤本理佐 Vo.・アコーディオン
       +
   hisakuni (gt)

ホント音魂の入った 素晴らしいもの。
情熱とブルースアレンジで
渋かっこいいステージを魅せてくれる!

愛媛、滋賀からの御一行はは土塔庵に宿泊。堺在住のシンガーソングライターひきたまさんには打ち上げの料理をそろえて頂きました。楽しく花を咲かせて比較的早く睡眠でした。
私は、土塔庵スタッフとしてなんやかやで宿泊。
次の日は流水さんのリクエストで、モーニング尺八を聞いて頂きました。
[PR]
by takudoo1021 | 2010-08-02 19:08 | アートスペース土塔庵

国登録有形文化財に

 卓道がイベント担当・夢先案内人をさせて頂いている「アートスペース土塔庵」が7月16日に登録有形文化財に選ばれた。b0189977_811506.jpg
    霜野家住宅(堺市中区土塔町)の旧主家・納屋として。

    土塔庵のHP      土塔庵のブログ

7月の土塔庵寄席は10日(土)落語 桂福丸「道具屋」 、講談 旭堂南陽「無筆の出世」、落語 林家花丸「千両みかん」の三席でした。長梅雨の明けた直後の暑くなるぞという中で暑さを吹き飛ばすような会でした。

7月17日(土)は
 文昇落語とフォ~クソングのコラボ「落語とかみ君バンドin土塔庵」のイベントが行われました
       出演: 桂 文昇(二席) かみ君(土塔町在住28年)バンド 
b0189977_8251883.jpg
   
ファミリーで暖かい会場の熱気! 土塔庵もはち切れそうでした。

今月の土塔庵はもう一つ楽しみなライブがあります!

土塔庵ライブ其の四拾八
「真夏の夜に、ブルーな風を!」
出演:流水バンド(流水龍也 Vo. ・ギター、藤本理佐 Vo.・アコーディオン)
藤本健次(ギターひきがたり)
海千山千ズ(山田聡/ケーナ 西村靖博/ギター)
長田かっちゃん(歌・ギター)+浜ちゃん(ギター)
7月31日(土) 17:30開場・18:00開演
入場料:2000円  学生、高齢者、身障者は1500円(1ドリンク付)

いずれも詳しくは上記「土塔庵のHP」リンクでご覧下さい!         


 
[PR]
by takudoo1021 | 2010-07-24 08:31 | アートスペース土塔庵

梅雨間近、土塔庵では

暑くなりました。皆さんはいかがお過ごしでしょうかb0189977_18185683.jpg
そんな中土塔庵では6月8日(火)~14日(月)10:00~16:30の日程で堺市発祥の新書道・ わらもじ書道展が行われています。
「わらもじ」書は、あるときは力強く、斬新に、あるときは優しく、
しなやかに、ありのままに表現することができる心の文字です。
広い土間では体験教室も行います。お気軽にお越しください。

そして今日は月例の南陽プロデュース 土塔庵寄席 その45がもたれました。
b0189977_18213733.jpg
わらもじ書道の展示のある中落語家 桂ぽんぽ娘の「はんぶん垢」、講談師、旭堂南陽お題は「狩野探幽ー旅に寝間の落書き」、笑福亭生喬の「笠碁」の三席が持たれました。
 卓道はいつものように準備、受付。馴染みのお客さんも増え、楽しく過ごし、終わった後もネタの説明やいろんな話を伺う事が出来ました。

次回は
7月10日(土)12:45開場・13:15開演
南陽プロデュース 土塔庵寄席 その46
落語 桂福丸 講談 旭堂南陽 落語 林家花丸   入場料:1200円です。よろしく! 
[PR]
by takudoo1021 | 2010-06-12 18:27 | アートスペース土塔庵

4月の寄席

 10日(土)そう第2土曜日、とっても気持いい天気でした。土塔庵寄席も気持ちよく流れました。b0189977_1058358.jpg
トップバッターは土塔庵でもお馴染みの落語の笑福亭生寿土塔庵寄席と共に成長していますと言われているように、今日の「あみだ池」は良かったです。b0189977_1122639.jpg






 続いては旭堂南陽の講談「竹の水仙」、左甚五郎の話だが結構笑わせてもくれた。
b0189977_115527.jpg

 最後は桂まん我の落語「桜ノ宮」桜満開のなか、お花見に趣向を凝らし芝居をほりこむ中でのややこしくなる話。熱演で、桂まん我此処にありという感じでした。

 終了後も軽い打ち上げで芸の話、スランプの時話など寄席を巡る話に花が咲いた。

 第2土曜は素敵な「土塔庵寄席」にお運び下さい。
[PR]
by takudoo1021 | 2010-04-11 11:12 | アートスペース土塔庵
久しぶりの穏やかな天気ではありましたが、花冷えの中土塔庵では「土佐拓也バースデーライブ with 濁音」のライブがありました。私はいつもながら土塔庵スタッフとしてそしてPA担当としておりました。
b0189977_922328.jpgリハ済まし50人近いお客さんで、駐車場の案内・整理ににかけずり、本番開始に駆け込みミキサーのフェードを上げる。まずは「濁音」の二人。土塔庵では2回目の登場となる。Fiddle・Bodhran & Gtでアイルランドの民謡などを奏でる。
 二人の絶妙な演奏としゃべくりの中、あっという間に1時間が過ぎる。
b0189977_9144298.jpg
 そして休憩後、堺出身の土佐拓也が東京から登場。透き通った、ポップススローバラード、ボサノヴァ的なギターにあわせやさしく時には力強い声が会場をつつむ。ソロのあとケンケンのパーカッションが加わり楽しくなってくる。
b0189977_924681.jpg

 また、東京から来られた松本のピアノで歌うバラードもしんみりと聴かせて頂いた。
ライブの日が29才の誕生日ということで会場全体が盛り上がって、またたく間に終えた感じだった。

 まったく驚くけど、この土佐拓也の父さん、実は昔何年か同僚だったんです。久しぶりの再会でした。


土佐拓也のHPはココをクリック
[PR]
by takudoo1021 | 2010-04-04 09:38 | アートスペース土塔庵

子らにおされて

b0189977_1901228.jpg相変わらず寒いですね。昨日は風も強くて
 土塔庵の旗がひらめいて。
 旧暦では今頃がおひなさん。
 そんな中、いつも使って頂いている
 「お結び母の会」のイベント
 「わくわくぷちミュージカルシアター」が
 持たれた。
b0189977_1951134.jpg

 昼食会があって3時からはふるりんとみどりんの歌あり、踊りあり、紙芝居あり。
 子供達も動物の名前やなんだかんだと参加し盛り上がっていく。
b0189977_1995920.jpg


 土塔庵が子達の楽しい空間になっていく。
b0189977_19121240.jpg




  「お結び母の会」のみなさんお疲れさんでした!
  お昼ご飯美味しかったです!
[PR]
by takudoo1021 | 2010-03-27 19:14 | アートスペース土塔庵

寒い中でしたが。

 立春とともにまた寒さが蒸し返しておりますが、いかがお過ごしでしたでしょうか。卓道は昨日は、土塔庵では41回目の土塔庵寄席にスタッフとして行ってまいりました。寒さに負けず賑わいを見せております。
b0189977_18361180.jpg

 最初は桂さろめさん。あやめさんのお弟子さんで、12月にも出て頂いた新進気鋭の方。お馴染みの「寿限無」、女性の方のを聴くとやっぱ新鮮ですね。b0189977_18364365.jpg 
 続いて、いつもの旭堂南陽さんの講談。なかなか講談という物を知って頂くのは難しいという話を学校周りの体験で話された後はNHK大河ドラマにも出てくる、阪本竜馬の勝海舟の門人になる一席。西郷隆盛などの登場で、人を見る目を巡り話が進む。
 トリは笑福亭松鶴の一門で1998年に「なにわ芸術祭新人奨励賞」を受賞されている笑福亭鶴二さん。酒飲みの酔っぱらいが勝手なことをする「猫のさいなん」の一席。往年の松鶴の酒飲み姿が浮かんできた。

 当日は、土塔庵でライブをしたいのでという方の見学があったり、来来週の日曜の「堺お結びの会」の方との打合せもはいって少しバタバタ。

 終わって、南陽さんとさろめさんたちとまぁいろんな話を楽しくさせて頂きました。

 次回の寄席はは3月13日(土) 落語 露の団姫 講談 旭堂南陽 落語 露の吉次さんの出演です。お楽しみに!
[PR]
by takudoo1021 | 2010-02-14 18:42 | アートスペース土塔庵
今日は少し暖かく?なったけど寒さの続く中17日(日)は土塔庵での「ひきたまの部屋」のb0189977_17445863.jpg ライブがあった。
 月例でやられているライブで、今回は土塔庵を使って頂き、アロママッサージの西山泰代さんとのコラボで。

 数曲歌われて、お客さん達がペアーになって手や頭のアロママッサージを実際にやることに。
僕も何やかやでひきたまさんとペアーで、西山さんに説明を受けながら、プリントを見ながらやる羽目に。
 
 お客さんは寒さもあり少なかったですが、和気あいあいでそれぞれ見よう見まねで、アロママッサージ。

 その後またひきたまさんの歌をリラックスした雰囲気の中で聴かせて頂いた。
 
b0189977_17565797.jpg

[PR]
by takudoo1021 | 2010-01-19 17:57 | アートスペース土塔庵

新年明けての土塔庵寄席

今年も、土塔庵よろしくお願い致します。さて2010年土塔庵の明けは、1月9日(土)の土塔庵寄席 その40でした。
b0189977_1230686.jpg
 まずは林家染吉さん。『千早振る』。在原業平の「ちはやぶる神代もきかず竜田川 からくれなゐに水くくるとは」の迷解釈で笑わせてくれる。b0189977_1231291.jpg
 
 続いてお馴染みの講談師 旭堂南陽の「柳田かくのしん」の武士魂の一席。初めて聴くネタであり、商人井筒やとうべえとの自分の拠り所の対比も面白いものでした。
 
 最後は里見まさとさんの「創作噺」今の世情を反映させた面白いものでした。


 まさとさんのブログがあります。→里見まさとの出会い

 終了後はまさとさんと漫才コンビを組んで上方漫才大賞もとった亀山房代さんが昨年11月に突然亡くなられた時の話をいろいろ聞かせて頂きました。また土塔庵へよろしく!
[PR]
by takudoo1021 | 2010-01-11 12:33 | アートスペース土塔庵
昨日、天気にもめぐまれた中で無事、
土塔庵ライブ其の四拾七「雪百景5」 ~言の葉~ 与謝野晶子に捧ぐ
が終わりました。寒い中お越し下さった方々有難うございました。
b0189977_17404473.jpg
第1部は与謝野晶子に捧ぐ。新しく出来た、湊駅前公園の詩碑に刻まれた歌の紹介に始まり。晩秋に寄せる晶子の歌の朗読と演奏。突然当日朗読をマイミクのゆき葉さんに依頼すも、ほんとうにうまくこなして頂いた。ヤススキーの自作の電気コラ、カリンバが優しく響き、僕の尺八が絡む。そこに古澤侑峯さんが登場。
b0189977_17482595.jpg

 わたしの顔をさし覗く 雪のこころの寂しさよ 雫となって融けてゆく 
        雪のこころもさうであろう まして、わたしは何とすべきぞ。
b0189977_17562392.jpg
 第2部は地歌「雪」へとつなぐ
   私の本曲「松巖軒鈴慕」の
   独奏を聴いて頂いた。
   雪に寄せる晶子の想い、
   地歌「雪」の
   尼となった芸妓ソセキの
   想いがめぐる。

   b0189977_1881714.jpg



 
 そして中野幹子先生の地方で
 古澤侑峯さんが「雪」を舞う。

 土塔庵に緊張と伝統な美が
 花咲いた。
 お見えになった方々、そして
 協力いただいた方々有難うございました。企画が花開く時、至福の喜びが・・・・・・・
[PR]
by takudoo1021 | 2009-11-24 18:15 | アートスペース土塔庵