大阪の尺八吹きです。尺八にとどまらず自作のオーディオや想いを!骨髄異型性症候群と多系統萎縮症という難病をわずらて闘病生活に入っています。


by takudoo1021
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:アートスペース土塔庵( 55 )

濁音ライブ無事終了

 堺市在住の若いミュージシャン上沼健二(Fiddle)、西野元(Guitar)のデュオ「濁音」の土塔庵でのライブが、盛況の中無事終了した。b0189977_18101121.jpg
梅雨の蒸し暑い中と思いきや、空梅雨と思わせる、からっと晴天の気持ちよい中で、思わず庭を見てしまう。
石の手洗い?の所に小鳥がやってきて水浴びをする。
 残念ながら、その瞬間は撮影できず(涙) 小鳥の姿は何となく映ってるんですが。

 このライブでは、PA操作を担当する。
12時くらいに着いてセット開始。パワーアンプはカマデンのTAA4100D級アンプの自作もの。一部ハンダ浮きがあって修理したものの再デビュー。とりあえずセットしCDを流す。
CDは自前の「カムヒビキ」。ミキサーはマッキーの14ch。スピーカーはボーズの101(これは弱点かも知れないが、この空間で目立つことなく音世界を産みだしてくれる。テストOK. しばらく自分の曲に酔いしれる。

 3時位からリハーサルだ。Fiddle、Guitarはライン受けで。あとピアノとフルートとMCのマイク。今回はコンデンサーマイクを使用。ドイツのマイクロテックの古いの、ミネルバの奴。(30年も前の奴高かった)
なんとかいい音が流れる。バランスとイコライザーが難しい。ちなみにリバーブはSONYの業務用の奴。プリセットを使う。濁音、それとフルート、ピアノみんなホント若いけどいい感じの音を産みだす。本番が楽しみだ。
b0189977_1834534.jpg

左から上沼健二(Fiddle)、西川智子(Flute)西野元(Guitar)で下の写真が、伊藤絢美(Piano)です。

最初はFluteとPianoのデュオ。
クラッシクの曲とオリジナル。
そして「濁音」の二人。
アイリッシュあり、竹田の子守唄なんかも
ラストは4人で。
お客様方もじっくり聞かれていた。
若いみんなこれからもいい曲を

濁音の二人のページです。覗いて観て下さい。

上沼健二 西野元
[PR]
by takudoo1021 | 2009-06-28 19:01 | アートスペース土塔庵
アートスペース土塔庵では今週の土曜日に濁音(フィドルとギターによるインストロメンタルユニット)のライブがあります。情熱的なフィドルと繊細なギターの相性を十二分に活かして、既成にとらわれない音楽を創り出すb0189977_17212837.jpg濁音。

 2009年6月27日(土) 18:00開場・18:30開演
  “めだまのつどい”

 出演:濁音 上沼健二(Fiddle)、西野元(Guitar)
 友情出演 伊藤絢美(Piano)、西川智子(Flute)
   入場料:1500円(当日料金2000円)

 このメンバーは、土塔庵での森永ケンジ(from広島)のライブのバックサポートをしていたメンバーなのでその演奏力、想像力は卓道のお墨付き!若くてプロを目指し素敵なライブを積みかさねている「濁音」のこれまた素敵な土塔庵でのライブにお運び下さい。卓道はPAとして関わります。

 問い合わせ 土塔庵  ←クリック
[PR]
by takudoo1021 | 2009-06-23 17:30 | アートスペース土塔庵

手すき和紙のはがき

 アートスペース土塔庵では6月21日(日)

第4回 土塔庵 手すき和紙のはがきつくりのイベントがある。

b0189977_191870.jpg
土塔庵で、手すき和紙の葉書をつくろう!
指導は和紙作家・中家珠実先生。
約2時間の間に、伝統的な和紙の手漉きを体験
していただき素のものと、
色材等を漉き込んだものと、それぞれ2枚ずつ
葉書サイズの和紙を完成してもらう予定です。

午前の部/10:00~12:00
午後の部/13:00~15:00

定員は午前・午後各10名。ご予約の先着順です。
参加料 大人・子供どちらも 1000円
お申込時は午前・午後の部いずれかを明記してください。
お問い合せは下記の土塔庵のページよりのメールか090-4300-0410堀田まで。

 土塔庵のホームぺージ

 さて、写真で紙をすいているのは、ななんと卓道であります。一言「せっかく作った葉書、やっぱてもとに置いておきたい」ということで使えない!!!(もちろん使えますよ。)
[PR]
by takudoo1021 | 2009-06-15 19:05 | アートスペース土塔庵

土塔庵寄席33無事に

梅雨の合間の晴れた日に、土塔庵寄席が。回を重ねると馴染みのお客さんの来て下さり、30名ばかり。ゆっくりとした空間で、楽しんで頂けたかと。

  笑福亭生寿「兵庫船」 2007年、笑福亭生喬に入門。という若手だけど。土塔庵寄席には6回出てますが、毎回少しずつ楽しめるようになってきたんじゃないかと。このネタも、明石ぐらいから大阪への船旅。今では考えられないし、今の若者などは、まったく知らない風情も出てくる。それを若い落語家さんが、話する。大事なことだなと思いながら。

  旭堂南陽「おぼろの便り」この寄席をプロデュースしてもらってる講談師。お客さんとのうち解けた中で、講談が聞けるのは、土塔庵寄席の売りなんです。

  林家そめすけ「青菜」 1991年、林家染丸に入門。土塔庵寄席に2度目の登場。庭師が酒を呼ばれた場の掛け合いが良かったんで、自宅で真似をしてずれて笑いをという古典だけど。やっぱ面白い。お金持ちの粋な姿。そして庶民が粋さを真似ようと。そんな中で、大工の対応を見ていると、庶民の生き様が共感できるし、まあ、ねたみ的なことも、真から笑えちゃう。落語の庶民共感パワーを感じた。

  次回は7月11日(土)笑福亭喬介、旭堂南陽、桂紅雀でお送りします。
[PR]
by takudoo1021 | 2009-06-13 18:31 | アートスペース土塔庵

土塔庵で


b0189977_16455399.jpg
この土曜日アートスペース土塔庵で寄席を行います。アートスペース土塔庵は、大阪府堺市土塔町の、文化~天保年間に建てられた旧家を歴史を感じさせるたたずまいそのままに、芸術の発信地として再生したものです。
卓道は土塔庵の夢先案内人としてイベント企画のお手つだいをさせて頂いてます。土塔庵を活用しようと思われる方は、土塔庵のHPより気楽に相談下さい。

b0189977_16464414.jpg
6月13日(土)12:45開場・13:15開演
南陽プロデュース 土塔庵寄席 その33 

落語 笑福亭生寿
講談 旭堂南陽
落語 林家そめすけ

入場料:1500円



うっとうしい梅雨を寄席で吹き飛ばしましょう!気軽に参加下さい。


    アートスペース土塔庵のHPはコチラをクリック
[PR]
by takudoo1021 | 2009-06-07 17:00 | アートスペース土塔庵