大阪の尺八吹きです。尺八にとどまらず自作のオーディオや想いを!骨髄異型性症候群と多系統萎縮症という難病をわずらて闘病生活に入っています。


by takudoo1021
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ:真空管アンプ( 4 )

 メインで使うフォノイコは四苦八苦。実は前回は東京サウンドのPE-100を図体が大きいんで、バラして自作プリにほりこんで使ったり、マランツ7T(改)で聴いたり、フィリップスのLHH-P700を使ったり、取っ替えひかえ状態だった。SPレコードもかけるんでイコライザーカーブもSP用も欲しい。
b0189977_8173691.jpg
ということで昔中古で買っていたガレージメーカー西村電機の真空管フォノイコを再度持ち出す。これは4つのイコライザーカーブを切り替える事が出来る。
 が、12AX7の2段NF型イコライザーという事で出力インピーダンスが高い。それから電源等がちゃちでSN比が悪い。音が真空管にかかわらず悪い!(貴重な銘管、TELEFUNKENのダイヤマーク付きをのせても)

 昔、3段NF型イコライザーを回路図見ながら作った経験では、B電源のリップルの除去、ヒーター電源の定電圧化がポイントになる。むろん球の選別も。b0189977_8355972.jpgで、本体の中にあったトランス、整流回路を取り出し別電源にし、チョークを追加。電解コンもまだ寿命がありそうなブラックゲートを使用。高価な47μFのフィルムコンも本体での電源受けに使用。ヒーター回路も定電圧化。後基板上の部品をいじる。カソード抵抗のパスコンには、湿式銀タンタルとOSコンに。プレート出力のカップリングには、東一の錫フィルムコンを。配線材はモガミを使用。
 出力インピーダンスが高いのはカソードフォローを付ければいいが、真空管1本をのせる場所もない。仕方ないんで自作ICプリアンプにOPA2604のバファーを積む事にした。
 真空管はもちろんTELEFUNKENのダイヤマーク付き。SOVTEK7025やフィリップスなどとはノイズ、艶で段違いだ。(こんな事書くとまたテレフンケンの球の値段が上がるか)

 写真の下側に並んでいる抵抗とコンデンサーでイコライザーカーブを切り替えている。

 これでレコードを聴くと、本当にアナログはCDよりも音はいいし、臨場感というか雰囲気も凄いという事が本当に実感できた。古き真空管の単純な回路、そして音に寄与する部品達のハーモニーがほんと心を癒し、1枚のレコードに込められている音楽家達のこころが伝わってくる。

 
[PR]
by takudoo1021 | 2010-05-16 09:06 | 真空管アンプ
 前回6L6Gシングル単段アンプを紹介したが、今回はとっておきの自信作を紹介しよう。
12AX7SRPPドライブ45(245)シングルパワーアンプ。
b0189977_118186.jpg

 10年ほど前、日本橋で手に入れた真空管パワーアンプ、調べると2A3のロスチンホワイト回路のアンプで昔懐かしのマツダ球を使用、トランスはLUX。これはいけると思いきや、カソード抵抗がものすごく熱を発生する。これはこの回路の特徴である。で少し回路変更で納めようと部品も含めチューニング。でも熱くなる。音も確か弾んだ熱きもの。としばらくの使用で片側の出力トランスが飛んだ。LUXの5BC5(だったか)入手は困難、プレミヤが付いて高価。仕方なしに解体。松波希活さんの「直熱&傍熱管アンプ」という本の中の2A3シングルの制作記事を見てやりなおそと。出力トランスはP&GのP609Aを豊中オーディオで手に入れ電源トランスはノグチトランス。整流管の次にはオイルコンデンサー。チョークコイルは2段で。直熱管のハム取りには欠かせない。ヒーターは2.5Vだから交流点火で。これでいける。
 そして聞き込んでいる内に2A3よか45ではないのか!
 そして昔作ったVT-52シングルの音が良かったんで、その元の球45をのせよう。

 ということで豊中オーディオで手に入れた。RCAの45。2本で24,000円。下の左側b0189977_1140226.jpg
ちなみに右側の2本はFullmusic(中国製)の新しいものです。

 となればST管の45からナス管の245へと心は動く。
やっぱナス管だとRCAの245をゲット。2本で4万円。
で今それをさしてご満悦。
 245が製造されたのは、1929年ころから1933年ころまで、75年以上の時を経てまだ立派に実用になっている。大事に使用していきたいと思います。
[PR]
by takudoo1021 | 2009-07-12 11:57 | 真空管アンプ

真空管ラインプリ

 昨年まで、使用していた真空管のラインプリアンプ。今は中味がICを使ったプリになっている。

b0189977_19171218.jpg


 12AT7単段トランス出力ラインアンプという所。電源も整流管を使用。ボリュームは東京光音の2P65CS の250KΩを使用。ライン出力トランスはUTCで600Ω出し。

 なんで廃棄した?ヘッドフォンを直につなぎたいが、ヘッドフォンアンプの基板がはめ込めない。
 ゲインが低い。まあ単段だから仕方ない。殆どインピーダンス変換のバッファーアンプという所。まぁハイゲインのパワーアンプ(それが今時は普通だ)なら問題はない。ただ当時、45シングルや6GA4の単段とかを使っていたので。

 それとICでプリ組む時にケースがに困って。入出力あわせて9個ほどのジャックの穴開け、接続は疲れるんで、このケースを利用したんです。
[PR]
by takudoo1021 | 2009-06-29 19:32 | 真空管アンプ

パワーアンプそのいち

 パワーアンプはいろいろ変わっていくんですが、現状はそのいちとして「6L6シングル単段アンプ」を紹介しよう。自作の真空管アンプだ。

b0189977_22561766.jpg


 真空管はRCAの古管6L6G(豊中オーディオのおっちゃんがまぁ選別してくれた)と整流管5AR4。
 灰色のタムラの入力トランスTKS-23がまぁ12AU7ぐらいの増幅をインピーダンスの変換(250Ω→100KΩ)やってくれている。アクティブなのは出力管6L6Gだけという超シンプルな回路だ。

 シャーシは昔懐かし鈴蘭堂の昔の定番。このシャーシの上に、EL34、VT-52,801、45,2A3、6GA4
数々の球が乗ってはバラされてきた。前段もタムラのトランス、5661.5662とか。

 いまは電源トランスがタンゴのST-220、チョークもタンゴ10H、そして電解コンデンサーは使わず、古いサンガモのオイルコンデンサーと東一のフィルムコンデンサー(高価だが効果)。出力トランスはタンゴのFW20。いずれも使い回しで今ある姿になっている。出力は1.5Wぐらいかな?

 時々、6L6Gに変わって、テレフンケンの6CA7がささたりしていたりして。まぁなんちゅうか球の光を眺めていると落ち着くもんです。
[PR]
by takudoo1021 | 2009-06-12 23:19 | 真空管アンプ