大阪の尺八吹きです。尺八にとどまらず自作のオーディオや想いを!骨髄異型性症候群と多系統萎縮症という難病をわずらて闘病生活に入っています。


by takudoo1021
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2009年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧

12月のライブ案内

●12月 5日(土)身体哲学ファイルLOGOシリーズ「非人零轟 (hinin reigou)」
          DANCE:傾 舞(kabuku mai )/ JUN
          シタール/ J
          尺 八/ 福本卓道
          能面協力 / 林 桃春
          於/天人天然芸術研究所 19:30~ 2000円      終わりました。

●12月13日(日)第12回古典本曲独奏会 13:00~入場無料 朝暘会館にて
         明暗尺八道友会主催で他流の方も含め30曲ほど演奏される。
         僕は明暗真法流秘曲「真虚鈴」を長管で吹きます。

● 12月20日(土)「雪百景7」2:00pm開演
            舞/古澤侑峯、お話/河内厚郎
            地歌・三絃--/菊美緒静、笛/阿部慶子、尺八/福本卓道、コラ他/ヤススキー
            語り/澤登唯志、詩(テキスト)/河村悟、染め刷り/木田俊一
            指定席 前売¥4000当日¥5000
            処 旧甲子園ホテル(武庫川女子大学甲子園会館
            兵庫県西宮市戸崎町1-13  
                     
[PR]
by takudoo1021 | 2009-12-06 11:28 | ライブの御案内

昨日、JUN,Jと

 最近日記さぼってました。ちょっと気分がLOWだったのか、怪しき自作アンプの更新などに憑かれてしまったようで、この件また書きます。
 昨日は、アマント天然芸術研究所でJUNの身体哲学ファイルLOGOシリーズに参加した。音はシタールのJとの共演。b0189977_1054645.jpg

Jとは二度目だ。シタールとの共演はホント気持がいい。
気持ちよく演奏が出来る。
JUNの傾舞の今回のテーマは「非人零轟 (hinin reigou)」
やや難解だけど能や歌謡、語りそして尺八本曲などいわゆる
伝統芸能を産みだししてきたのは流れ者、河原ものであるわけだし、
今回のテーマも的を得てる感じでそんなことを感じながら
わが尺八を奏でた。
何回かこのシリーズ参加しているが、
今回は特に良かったのではないかと。


終わって、 能面制作の林桃春さんのお連れの方々と能の話などいろいろ出来て楽しかったです。
「かっこよかったです。」の感想にはもうそんな歳ではないながらやっぱうれしかるかるでした。
[PR]
by takudoo1021 | 2009-12-06 11:08 | 日々のこと