大阪の尺八吹きです。尺八にとどまらず自作のオーディオや想いを!骨髄異型性症候群と多系統萎縮症という難病をわずらて闘病生活に入っています。


by takudoo1021
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2010年 01月 ( 13 )   > この月の画像一覧

 先日行われた吹田の千里山で行われた「新春小演奏会 グループ遊戯・尺八吹奏研究会合同演奏会」で収録した分をマスタリングして流します。
 
 まぁホームコンサート的なライブではありましたが、同じ北摂で邦楽に集うみんなのパワーを知ってもらいたいと。

 最初は尺八古典本曲3曲。貴志清一さんの琴古流本曲「波間鈴慕」、神崎貴園さんの宮川如山伝の「阿字観」そして私めの「松巖軒鈴慕」。

 そして合奏曲「雲井獅子」「黒髪」「惜別の舞」「泉」。あいだに大正琴による「影をしたいて」も流れます。

 卓道の選んだ今日の一曲は

 やっぱ辛いけどついこの間他界した浅川マキを取り上げた。曲は「ブルース・スピリット・ブルース」

      夕べ私が死んだ いやな夢を見たのさ

 収録しながらやっぱ辛かった。マキが言う「地獄」が、70年代まさにそこからの「解放」ということで走ってきたが、この時代になっても、何らぬけぐちすら拓いていない自分たちの世代の無力さを感じる。

 ここしばらく、マキのレコードを何枚か聴いて。やっぱ涙する卓道でした。

 放送は

 2月7日(日)11:00~12:00 (再放送 2/9(火)15時~、21時~)です。
[PR]
by takudoo1021 | 2010-01-31 20:19 | DJカーニバル邦楽

雨が降ったら

 今日は久しぶりに我が母のもとをおとずれた。豊中のとある特養老人ホームである。息子のヒロスケが
おばぁちゃんにもらった「お年玉」のお礼に行くと言うことで。息子はすでに30越えてるけど、母として孫に毎年していることがはずせなかったのであろう。3時に待ち合わせバスに乗って特養へ。
 息子の私も忙しさにかまけて何ヶ月ぶりになる。b0189977_19451475.jpg
あって、「たーがきたで」「ヒロスケが年玉のお礼にきたで」といえども解る反応はなかった。
 仕方なく、手とかマッサージしたり、しながらみみもとで話しかける。ヒロスケも一生懸命買ってきた手袋などを渡そうとしながら話しかける。
 まぁ会えて良かった。生きてればこそ「会える」ンだから。

 写真はヒロスケのやってる雑誌の最新号。
 中島美嘉の写真がいいと思う。

 何となく思ってしまった。母との年齢差だんだん近づいて来ているなとか
 あと何十年とか考えるとそう僕も20数年で母と並ぶ?もっとも母はやはり
年を重ねるだろうが。
[PR]
by takudoo1021 | 2010-01-31 19:57 | 日々のこと

梅一輪

 今日は少し雨が降り、結構寒かったですね。庭の梅の木に花が一輪。

 昨日は吹田の千里山の艶舞台で「新春小演奏会 グループ遊戯・尺八吹奏研究会合同演奏会」に参加させて頂いた。マンションの一室でホームコンサートの感じ。30名足らずの方々で、一杯。暖房ががんがん。
 僕は「松巖軒鈴慕」を吹かせて頂いたんですが、途中から汗がタラタラ。暑かった。本曲数曲と合奏曲。「千鳥の曲」や宮田耕八郎の曲もあったり。狭いながらも楽しく時間を過ごしました。
 ふすまには懐かしき晶宏庵の観音様や如来の仏画がある。

 殆ど知らない人ばかりでしたが、終わってビールも楽しく飲ませて頂きました。この日の様子はタッキーのDJカーニバルで少し紹介させて頂こうかなと、一応収録はさせて頂きました。
[PR]
by takudoo1021 | 2010-01-25 18:13
★1月24日(日)新春小演奏会 グループ遊戯・尺八吹奏研究会合同演奏会
    14:00~18:00 処:艶舞台(吹田市千里山竹園)
    尺八本曲や合奏曲が奏でられます。僕はゲストで「松巖軒鈴慕」を吹かせて頂きます。
    1000円(茶話会含む) 予約制(問い合わせ下さい。

★3月7日(日)第22回四天王寺古典本曲献奏大会
    午前9時半より 処四天王寺五智光院本堂 入場無料
    関西の尺八本曲吹き達が集まり夕方まで延々と奏でます。
     
[PR]
by takudoo1021 | 2010-01-21 17:49 | ライブの御案内

浅川マキが去った。

b0189977_18384810.jpg17日に浅川マキが公演先の名古屋にて永眠致した。と。急性心不全。67歳。
あれは何時だったかマキのファーストアルバムに出会い。狭い部屋でのめり込んだのは。
NHKFMでかマキの生番組もあった。カセットに収録した。ビリーホリディの「奇妙な果実」も歌った。
よかった!
京都でのライブにも足を運んだ。
残されたレコードが数枚手元にある。

めぐる季節の人の世に 夏もあります 秋もある 冬さえあるに 春だけを

この次 春が来たなら むかえに来ると言った 
あのひとの嘘つき

もう春なんか 来やしない


手元にある「新譜ジャーナル」の別冊「浅川マキの世界」。1972年の発売だ。僕は26才だった。
[PR]
by takudoo1021 | 2010-01-19 18:42 | 日々のこと
今日は少し暖かく?なったけど寒さの続く中17日(日)は土塔庵での「ひきたまの部屋」のb0189977_17445863.jpg ライブがあった。
 月例でやられているライブで、今回は土塔庵を使って頂き、アロママッサージの西山泰代さんとのコラボで。

 数曲歌われて、お客さん達がペアーになって手や頭のアロママッサージを実際にやることに。
僕も何やかやでひきたまさんとペアーで、西山さんに説明を受けながら、プリントを見ながらやる羽目に。
 
 お客さんは寒さもあり少なかったですが、和気あいあいでそれぞれ見よう見まねで、アロママッサージ。

 その後またひきたまさんの歌をリラックスした雰囲気の中で聴かせて頂いた。
 
b0189977_17565797.jpg

[PR]
by takudoo1021 | 2010-01-19 17:57 | アートスペース土塔庵
前回かいたOPA2604プリアンプの中味を公開しよう。
b0189977_1247236.jpg

 実際はライン・ヘッドフォーンアンプということです。まず電源部です。b0189977_12493959.jpgトランスはデジットで購入した1.2Aの余裕を充分持った物。(少しオバースペックのきらい)±10Vに落とす。
 整流はサンケンのファーストリカバリーブリッジダイオードUB-152で250V0.7Aこれはとある高級プリからの転用。ブリッジの方が配線も組みやすい。
 それをそれを日コンのKZシリーズの1000μF/25Vで受けチョークコイルを経て東信のTK 2200μF×4で平滑。ここで±16Vに、そして7812・7912を通り±12Vの定電圧。OSコン100μF/16Vで受ける。むろん各段階で0.1μFのフィルムコンなどパラっている。特定の銘柄のコンデンサーで統一すると、それなりのクセがあるとかで、メーカーはそれぞれ変えている(適当に)。ただ音響用と言われる物を使用。
もっとも。銘柄で言うと今は亡きブラックゲイトは良かったと思ってます。SN比の向上とくっきり感は最高だという経験もしました。
プリアンプの電源としてはこれで充分かと。
                                (つづく)
[PR]
by takudoo1021 | 2010-01-11 13:31 | オーディオ・器材

新年明けての土塔庵寄席

今年も、土塔庵よろしくお願い致します。さて2010年土塔庵の明けは、1月9日(土)の土塔庵寄席 その40でした。
b0189977_1230686.jpg
 まずは林家染吉さん。『千早振る』。在原業平の「ちはやぶる神代もきかず竜田川 からくれなゐに水くくるとは」の迷解釈で笑わせてくれる。b0189977_1231291.jpg
 
 続いてお馴染みの講談師 旭堂南陽の「柳田かくのしん」の武士魂の一席。初めて聴くネタであり、商人井筒やとうべえとの自分の拠り所の対比も面白いものでした。
 
 最後は里見まさとさんの「創作噺」今の世情を反映させた面白いものでした。


 まさとさんのブログがあります。→里見まさとの出会い

 終了後はまさとさんと漫才コンビを組んで上方漫才大賞もとった亀山房代さんが昨年11月に突然亡くなられた時の話をいろいろ聞かせて頂きました。また土塔庵へよろしく!
[PR]
by takudoo1021 | 2010-01-11 12:33 | アートスペース土塔庵

OPA2604プリアンプ

b0189977_16181158.jpg 名古屋の大須に行った時に、現有のPU-2102Rパワーアンプと同じシリーズのケースを使ったパワーアンプのジャンクがあった。4000円ということで手に入れた。中味は一応問題ないが、ノイズが酷い。初期の電子ボリュウムの付いてはいたが、解体する。前に紹介したOP275プリアンプのずうたいがでかいんで、このケースを使って組み直そうと、12月頭から取り組んだ。茶の間のサブシステムはヘッドホーンが使えない。それでヘッドホーンが使えるようにするのが目的である。前回のプリと過去バラしたアンプなどからの手持ち品を使って部品の位置決めし、足りない穴開け、ゲインの調整とかまあ時間をかけて出来上がる。
 OPアンプはこの部屋で使うヘッドホーンがULTRASONE HFI-2000なんでOP275では高音がきつすぎるんで、OPA2604を使った。

 黄緑色の電源スイッチとボリュームノブ、朱色のヘッドホーンジャックはジャンクのもからの流用。
 スナップスイッチはヘッドホーンのon,off。ガラス玉は電源とヘッドホーンのON,OFFで点る。写真ではよく解らないが、白色・桜色のLEDは結構いける。黒いノブはセレクター。足はデジットで購入した金色の円錐上のもの。
b0189977_16445174.jpg

 これで見た目も気に入ったこじんまりしたプリが完成。パワーには前に紹介した、PU-2102Rパワーアンプ(改)でアルミのヘァーライン仕上げのプリとパワーが茶の間の彩りとなった。中味はまたぼちぼち紹介しよう。
[PR]
by takudoo1021 | 2010-01-06 16:45 | オーディオ・器材

読売新聞に

 今日の読売新聞朝刊に昨日の越木岩神社での様子が掲載されている。b0189977_9491125.jpg
「幻想的音色響く 神社で尺八吹き始め
        …兵庫・西宮」というタイトルで。
  ネットではコチラ→読売新聞関西発

 まあ、これも例年のことになってきてるけど、
参拝者も増えてきて安定してきている。
じっととどまり最後まで聴いて頂く参拝者の方も15人ぐらいおられありがたいことだし、続けていかなければと思う。

 また、甑岩について詳しくは
     甑岩、越木岩神社、巨石文明で、検索下さい。
[PR]
by takudoo1021 | 2010-01-05 09:59 | 日々のこと