大阪の尺八吹きです。尺八にとどまらず自作のオーディオや想いを!骨髄異型性症候群と多系統萎縮症という難病をわずらて闘病生活に入っています。


by takudoo1021
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2010年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

春の宮島

驚く寒さ、さっき買いもんにでる時、まさかじゃじゃぶりの雪だ!3月末に!とすぐに天気が変わる。
 
春の宮島へ昨日行って詣りました。
舞/古澤侑峯笛/阿部慶子 尺八/福本卓道の「安芸宮島 大聖院奉納舞」でした。
b0189977_1973423.jpg 大聖院からは厳島神社が見下ろすことになります。何年か前にダライラマ提唱の世界的な音楽祭が持たれたときに卓道も末端で参加し、久しの宮島でした。神社からさらに登った所に大聖院はありました。
 奉納は昼12時からでしたまず源氏舞「明石の上」音の方は比較的静か、僕の尺八に続き、阿部さんの龍笛の音が澄み渡る。十二面観音さんの面前で。b0189977_19222859.jpgそれから二人のソロがあって、地歌舞「珠取海士」まず尺八で海の竜の蠢きとすさぶ風の音を。とさっきまで穏やかだった天気が怪しくなり、冷たい風が観音堂の中にまで吹きとおる。海士の怨念かと。
 無事終了後は、下におりて美味しい昼食を頂く。b0189977_19302528.jpgむろんあなご寿司も。
そして人形をコレクションされている方の素晴らしい人形とお雛さんを見せて頂いた。宮島では旧暦の雛祭りということで各家のおひな様を公開している。
b0189977_19362259.jpg



そして、関係者の方々と共に厳島神社にお参りしました。ちょうど汐は引いていました。
やっとお天気も穏やかになりました。あのすさぶ風は何だったのかな。
足ばやに帰路に就きました。
 
[PR]
by takudoo1021 | 2010-03-29 19:42 | 日々のこと

子らにおされて

b0189977_1901228.jpg相変わらず寒いですね。昨日は風も強くて
 土塔庵の旗がひらめいて。
 旧暦では今頃がおひなさん。
 そんな中、いつも使って頂いている
 「お結び母の会」のイベント
 「わくわくぷちミュージカルシアター」が
 持たれた。
b0189977_1951134.jpg

 昼食会があって3時からはふるりんとみどりんの歌あり、踊りあり、紙芝居あり。
 子供達も動物の名前やなんだかんだと参加し盛り上がっていく。
b0189977_1995920.jpg


 土塔庵が子達の楽しい空間になっていく。
b0189977_19121240.jpg




  「お結び母の会」のみなさんお疲れさんでした!
  お昼ご飯美味しかったです!
[PR]
by takudoo1021 | 2010-03-27 19:14 | アートスペース土塔庵

長のオタク的制作

 ブログにご無沙汰続いたのは、学校のうちのクラスのみんなが元気に休まず出席で若干の仕事の偉さがあったのと、週末もライブ演奏やイベントこなし等があって、なかなか日記を書けなかった。

 というのは一面で、年明けから、マイオーディオのメインのプリアンプの自作。それが出来るとレコードをいい音で聴きたい!で昔持っていたフォノイコライザーの改造・チューニングなどに追われ半田ごて握ってオタク的な生活に。ネットをひらけば自作フォノイコの制作記事や真空管回路をひたすら見てしまう。
 この辺はまた別の所で書いていこうと思ってます。

 今日は1日、自作フォノイコの仕上げ作業でやっと終わった。しなくてはいけないこともいっぱいあるんですが。

 明日は、土塔庵での「お結びの会」のイベントへ朝から。
 
 そして28日(日)は広島県廿日市市宮島の大聖院での侑峯さんの奉納舞に参加します。 
[PR]
by takudoo1021 | 2010-03-25 17:38 | 日々のこと

雨の日の今日で

 勤めてきた学校の先生の終わり。すでに6年前に退職は済ませて、そのあと非常勤嘱託としてまさにお手伝い的に生活費を稼がせて頂いていた。
 40年を越える「教師生活」のピリオド。4月からは年金生活になる。
 最初は豊中市立の桜井谷小学校に2年そして刀根山養護学校で筋ジストロフィーの子たちと31年か、そして今の箕面支援学校で10年と。まぁいろんな事にぶつかり、創造し思えば教育を取り巻く状況も大きく変わっていった。決していい方向とは思えないが。常に出会った子らと遊び生きるすべを模索し自分ながら「生き抜く」意欲を失うことなくその「仕事」を終えることが出来た。

 最初の新任の時は子らが、犬を飼ったり、アヒルを連れてきたり。思えば参観日に教室の中アヒルがガァガァてことも。

 刀根山では長期の入院生活の中で何とか社会との繋がりをという町中で2泊3日を過ごそうという「合宿」
の取り組みに協力したり、はたまた豊中市に対し障害者の無条件優先採用の難題をぶつけ、市役所で座り込みまでしたり。

 その間もいろんな出会いや別れがあり、また衝撃的な場面もあった。

 そんなこんなが走馬燈のように巡ってくる。

 むろん尺八の演奏活動との二股で休みなしの状態だったが、まさに自分が「生き抜く」事にあっては矛盾無く過ごせたことは良かったと思う。

 最近少し、ブログさぼってましたが、これからまた頑張ります。
[PR]
by takudoo1021 | 2010-03-24 17:58 | 日々のこと