大阪の尺八吹きです。尺八にとどまらず自作のオーディオや想いを!骨髄異型性症候群と多系統萎縮症という難病をわずらて闘病生活に入っています。


by takudoo1021
カレンダー

<   2010年 09月 ( 19 )   > この月の画像一覧

秋風の中で②

 28日に書いた「秋風の中で」に続きが出来た。
 パソコンに向かい夕食抜きで与謝野晶子の歌曲「君死にたもうことなかれ」の打ち込みをして9時すぎて、電話が入った。   母の死去の。

 「2時間ぐらい見守っていたが、少し苦しそうではあった。気になりながらも、その足で、兄の病院へ行く。」
 と書いたが「そうかやはり・・・・・・・。」 取りもとりあえず豊泉家へ。夜8時51分永眠した母と出会い、姉たちと落ち合い話しを聞く。ただいつものように眠ってるだけのようだ。が苦しそうに肩で息はしてなかった。

 「ご苦労さん、やすらかに 南無大師偏照金剛」 

 10時すぎていたが葬儀屋さんの車で、兄の家に落ち着く。
 すぐさま葬儀屋さんとの打合せが深夜まで続く。そして母の側で、姉たちと雑魚寝。

 あけてK子姉さんは、兄の転院に向かい、病身の兄に告げ、又外出許可がおりるのか等で、出かける。
 コチラは親戚に連絡の電話をする。家族葬としてしめやかに。

 一度帰宅しシャワー浴びて、日程などの調整の電話をし、仮通夜に戻る。兄が外出許可が認められたということで車椅子タクシーで51日ぶりの帰宅、と母との再会を果たす。

 西江寺さんがお見えになり枕経が始まる。兄は涙を出して泣いた。思えば母の事はすべて兄に任せっきりだった。
 時々のケアープランの変更、面会、行事参加数え切れない程、兄は母と過ごした。
 そして兄は母の体調悪化と時期を同じくして脳梗塞で倒れ手術と入院生活。からだ左半身の麻痺。
 重い想いが積み重なっていたんだろうと。

 母も兄が治療入院からリハビリの為の病院への転院まで我が身を引きづり死期をのばしたかの様である。

 今日はお通夜、明日は告別式となる。

 「ご苦労さん、やすらかに 南無大師偏照金剛 享年95才」 
[PR]
by takudoo1021 | 2010-09-30 13:37 | 日々のこと

秋風の中で

 実は昨日午前中が、タッキー816エフエムみのおのDJクラブ邦楽の収録日だったけど、サボ茶いまして(申し訳ない)で今日10時からにしてもらいました。(この中味はDJカーニバル邦楽を参照)

 で終了後、近くの旧職場の箕面支援学校へ顔出しできるんだけど右足の痛みがあるんで遠慮し、北緑丘の特養の母の元へ。と酸素のマスクを着けている。聞けば昨日の夕方より熱が37度になり、今日は39度まで上がっており、血中酸素が89(普通は100)と。ちょうどこられた職員、ナースに聞いた。
 前もそんな状況で肺炎となっていたがみごと立ち戻った母であるが、今回はどうだろうか。
 2時間ぐらい見守っていたが、少し苦しそうではあった。気になりながらも、その足で、兄の病院へ行く。
 自転車は便利だ、足の痛みを抱えているんで、電車、バス、歩きでは辛いもんがあるが、自転車は秋風の中からだをみごと運んでくれる。
 でも北緑丘から庄内まで1時間近くかかった。
 兄はあす柴原のリハビリ専門の病院への転院となる。ベットで左足を動かして見せてくれた。しかし「力は入らない」と。それに左手は動かないと。
 母の様子を伝え、今度は近くになるからまたいくよといって病院を後にした。

 この後は、堺のイベントで使う与謝野晶子の歌曲「君死にたもうことなかれ」などののカラオケPIANO伴奏の制作の続き仕上げをしなきゃと打ち込み作業に入ります。
[PR]
by takudoo1021 | 2010-09-28 17:15 | 日々のこと
 10月のタッキー816エフエムみのおのDJクラブ邦楽は爽やかな秋風を受け野口雨情作品集「七つの子」を聞いて頂きます。b0189977_16212551.jpg
 野口雨情は1882年(明治15年)生まれ。大正4年(1915)妻ひろと離婚の後、現いわき市の柏屋に移り、詩作活動を続けます。同8年、西条八十等の紹介もあり中央の児童雑誌に童謡作品の発表を開始します。
 また自由詩集「都会と田園」の刊行により詩壇復帰をはたします。著名な「船頭小唄」(原名枯れすすき)を作詞し、中山晋平に作曲を依頼したのもこの頃です。同10年には「七つの子」「赤い靴」「青い目の人形」などの作品を発表し、同11年から「コドモノクニ」にも作品を発表します。「雨ふりお月さん」「あの町この町」「兎のダンス」等は、この雑誌に掲載されました。作曲家の本居長世、中山晋平、藤井清水等が雨情の試作に最適の曲譜を付けたことも幸運でした。
 1920年代は当時の国家の押しつけ的「文部省唱歌」(文語体、忠君愛国的)に対して、もっと楽しく自由に子供にわかる歌をと盛り上がったのが童謡運動でありました。大正デモクラシーや民衆芸術などの思想的潮流の反映でした。
 
 このCDは2002年にSP盤を原盤に制作された物です。その中から童謡編を選びました。

 放送曲 鶯の夢 あの町この町 こがね虫 七つの子 赤い靴 青い目の人形など14曲
 歌:平井英子 佐藤千夜子 本多信子 作曲:中山晋平 本居長世

卓道の選んだ今日の一曲
 →「わらべ」(CD流砂より) 作編曲、短管尺八、シンセプログラミング:福本卓道
 てまえみそですが、今回の童謡にあわせ自分の曲を選びました。

放送はタッキー816エフエムみのおで

     10月10日(日)11:00~12:00 (再放送 10/12(火)15時~、21時~)です。
     タッキーについて詳しくは下をクリック下さい。
       タッキー816エフエムみのお
[PR]
by takudoo1021 | 2010-09-28 16:51 | DJカーニバル邦楽

天然共振的音舞会終了

 昨日は中崎町のギャラリーイロリ村での「天然共振的音舞会」が無事終了しました。b0189977_17184249.jpg
1部まずは
金亀伊織のソロダンス
音は
南澤靖浩のシタール
そして駆けつけて下さった
沙羅さんのタンブーラ
静かにギャラリーが
音舞会がになっていく。
エフェクターをかました
シタールが歌い
タンブーラが空間を
拡げる。


b0189977_17261637.jpg  続いて
 藤條虫丸登場!
 音は卓道の尺八

 虫はひさしのツンに白塗り
 繰り広げ展開する
 天然肉体詩

 ギャラリーが故に響く
 まさに天然共振の舞と音。

 1部が終わり
 2部へと。
 はじまりは劇作家・演出家・俳優
 神原くみ子が
 言霊を発する。
 そして全員のセッションへと。

 いつもながら集客の悪さもあって、心配していたが間際のメールでも駆けつけてくれた方や。誕生日のマイミク、momokoさん。坊ちゃん、麻衣ちゃん三木君夫妻、そしてみなさん有難うございました。そして暖かく配慮下さったイロリ村に感謝!
 打ち上げは居酒屋「卓道」で深夜まで。作っておいたキャベツのシチューも評判が良かった。 
[PR]
by takudoo1021 | 2010-09-27 17:58 | ライブの報告と試聴

いい天気 運動会

 今日はホント気持ちいい天気でしたね。朝起きて、久に3月までやっかいになってた箕面支援学校の運動会に行ってきた。今日は旧クラスのみんなが登校でよかった。とうや・まや・たける・けんや・こういん+転入生(敬称略)揃ったみんなの姿は半年ぶりだ。様々な障害を持った、したがっていろんな事情を抱えてる中で、みんなが揃う事そのことはホントに嬉しい限りです。
 移動を少し手伝い開会式から小学部の種目が始まる。様々な表情で日頃の頑張りの姿をかいま見せてくれる。ほんと身体総てで生き続けようとみんな頑張っている。頭が下がる。というか今日の秋風のような爽やかな気分になる。

 保護者の方から、母の事などいろいろ心配も頂きました。有難うございます。身体総てで生き続けようとみんな頑張っている。卓道も改めて自分の姿を反省する。
 
 そして帰り道になる北緑丘の母の元を訪れた。昼時で鼻からの栄養食の流入が始まった。母の姿を見守ロウとしていたが、不覚にもしばし睡魔に負けた。今日は母も痰もほとんど無く軽い目覚めで過ごしていた。

 無理せず焦らず、淡々と、ポリシー持って LOVE & PEACE!
[PR]
by takudoo1021 | 2010-09-25 17:54 | 日々のこと

月想の夜

 昨日は「MAYA BELLY EARTH COMPANY2010公演 『月想の宴』~今宵あなたと照らされよう~」でした。
 行きしなは雨が降っていて、蒸し暑い。おまけに挟み込んでもらうフライヤーがA4で700枚。尺八は一本だけどなんやかんやで重いリック。やっぱ出かけると最近弱い右足に来た。腓返りの後のような感じ。出来るだけエスカレーターを使ったり、ゆっくりだけどやっぱ足を引きづる。
 なんとか早めにJR弁天町につき世界館へ!元気なみんなに迎えられ、「ようし」と。
 70数人のベリーダンサーの出演という事で、楽屋もいっぱいで、卓道は控え室無し。衣装は上だけですます。音だし、リハ。なかなか照明もエンターテイメントであるし、舞台正面の上手の写された月がいい。今回に向けてのみなさんの衣装も素敵。と出演者の頑張りが凄い。1回目の時は「大丈夫?」っていうグループもありましたが、凄い。
 リハ中に雨も上がり、日の傾きと共に涼しくなってきた。
 本番開始。卓道は会場の前方右端で待機。270人のお客さんで一杯に。1部はMAYAさんのスクール生の発表会。MAYAさんの選曲、振付で飽きさせない。
 30分の休憩後、2部が始まる。客デンF.Oで卓道板付きで音だし。幕が開きMAYAさんのソロ「観月の舞」。卓道はなんと明暗真法流の「観月曲」を奏でる。残念ながらMAYAさんの舞は見られない。しかし背後で何となく感じる事が出来た。10分後ダンス音楽が流れ出し「THE BELLY BEAUTIES」のメンバーが登場してくる。すこし絡んで、卓道の出番は終了。
 「月」をテーマに次々展開。MAYAさんの「月想」のソロがりENDINGUへ。
b0189977_18364276.jpg  そして最後は卓道も花束もらって舞台
 上に。あふれるダンサーの端で唯一の  男性。
 もうこれは「サイコーッ」よりもテレテし  まいます。幕が閉まってダンサー達からMAYAさんにお礼の手紙が渡される。
   「いいなみんな最高だ!」

 終わって、10時ぐらいに会場ホールでビールで「乾杯!」かなり冷えてきました(?)。多くは初めて会った方々でいろいろお話しできて良かったです。「THE BELLY BEAUTIES」のメンバーの方々、何回かお会いしてるけど、マイミクの豆腐さんさきらんぼさんあと名前と顔が一致しない方もあって「私、卓道さんのライブも寄せてもらってますよ」とかいわれオタオタ。プログラムみてしっかり覚えます。
 と雲が切れ空には満月が、会場外はしばし観月・月想の場に。

 有難う「MAYA BELLY EARTH COMPANY」のみなさん世界館の方々、スタッフの方有難う!
    そしてすこし天宮を偲んで 「戦争反対!LOVE & PEACE!ナマステ」
 写真は食卓を色どってくれる頂いたお花です。
[PR]
by takudoo1021 | 2010-09-24 18:19 | ライブの報告と試聴

国生み神話芸術祭

b0189977_15495863.jpg
 18日は「淡路島国生み神話芸術祭2010」に金亀伊織・坊内由香の踊りと共に参加してきた。暑さがぶしかえったなかでありましたが、b0189977_15551030.jpg会場の淡路島生穂の賀茂神社
スタッフさんは
最後のつめに
おおわらは。
方やコチラも
b0189977_1603290.jpg






  お昼に頂いた、「鯛ソーメン」「おでん」で気合いを入れ、白塗りにおおわらは。祭壇で、3時よりご祈祷を受け、尺八とパフォーマンス開始!予定では少し離れた「鎮守の森」だけでしたが、「私ら見に行かれへんわ」という本殿前の屋台を出されている方々の声もあって、拝殿前から始まった。そして様々な美術作品が置かれている道づたい鎮守の森へと移動する。

 時に尺八は遠くから流れ、自然に混ざったダンサーは美術品になる。
 終わって、近くのばあちゃんが、「身体悪うて来られんとおもてたが、良かった。」と涙してくれた。
 淡路島から、島内外に対して、文化・物産・歴史などを多面的に発信すると取り組まれたこのイベント。スタッフの方の尽力に頭が下がる。そして参加させていただいたことに感謝の気持ちでいっぱいだ。

 夕方からは夏の夜の野外神話劇「神かたり」を見せて頂いた。
そして、泊めて頂く伊織の友人三井君の農園ゲストハウスへビールなど仕入れて、移動した。
 屋台をやってはったおばちゃんから「これ持って帰って」とおでんをたくさん頂いた。
 ゲストハウスには大阪からのお客さんもいて住民達とも楽しい「宴会」になった。
 三井君は南淡路で有機農業で芦屋、岡本、西宮周辺まで販売もされています。
 農家は朝早いという事もあって、でも2時近くまで話は盛り上がった。
 次の日は畑に出る2人を残し、「温泉」に行きゆっくりさせてもらいました。
 そして楽しい想い出をいっぱい頂いて気持ちよく風を受けながら大阪へと帰りました。
 伊織・坊ちゃんお疲れさんでした!
[PR]
by takudoo1021 | 2010-09-20 16:34 | ライブの報告と試聴

兄貴

 昨日、朝から山崎ハコを聞いて、3時半ぐらいから手術を終えて一般病棟に戻った兄を見舞いに行った。
 ちょうど兄嫁もおられた。経過はいいようだが、まだまだ先にきびしいリハビリがまっている。
そして話していてホント久しぶりにしっかり笑う兄を見る事ができた。ちょうど68才の誕生日。

 涼しくなって自転車が気持ちいい。帰りは千里川に出会うと道を変えて川沿いを走った。風が、秋の風がほほを撫でてくれる。

 今日はこれから伊織と淡路島へ。「国生み神話芸術祭2010」で15:30スタートで「鎮守の森」でのパフォーマンスに出演であります。そして1泊。楽しみだ。
[PR]
by takudoo1021 | 2010-09-18 08:47 | 日々のこと

山崎ハコを聞く。

昨日は早く目覚めたんで、久に散歩しようとしたんだけど。歩き出してスグにまた右足に突っ張りがきてだめだった。b0189977_894553.jpg 起きていきなりで準備不足だったのかも。少し落ち込む。
     動けぬならレコード聞きましょうと。山崎ハコのアルバムを。
       「綱渡り」 ハコのセカンドアルバム    b0189977_8145870.jpg

     そして、「藍色の詩」 いずれもハコは10代
  
 ~ 一番好きな 藍色の空 いつも待ってる 呼んでくれるのを
                      いつだって空の下 私 一人きり
   
b0189977_8253680.jpg

 今回は、カートリッジはビクターのZ1Sを使用。針はJICOのZ1E用の楕円針。このカートリッジの安く手に入る。しかし音はいい。ハコが耳元で歌ってくれる。シェルはFRのいい奴だ。
 アナログ全盛の頃、ビクターのプレーヤーに装着されていたZ1S。半透明の琥珀色のEの針も素敵。
 結局、オーディオは見ばが良くないと。
[PR]
by takudoo1021 | 2010-09-18 08:35 | オーディオ・器材

秋ですね。

 秋めいてまいりました。なんか急な感じでありますが。ここに来て熱夏の疲れが出た感じで睡眠時間も長くなったりで11時頃寝付いても目覚めが8時過ぎ。
 昨日は、特養「豊泉家」へ母の新しいケァープラン了解の書類を届けに行った。昼からは管・小澤を見ちゃうんで11頃行った。
 午前中なのでか、看護師さんの処置とか、寝返りとかまあいろんな場面がありました。
何年も見て下さってるので、声かけもよくして下さっているし安心します。
看護師さんの話では、「胃液の中にだいぶ痰が混ざっています。」という事でした。
ただ、今日は「よく目覚めてられますね。」と。そう寝込むことなく呼吸し、足首を動かし、肩を動かし。本人は何を思い、何を感じているのか。
感染症に気をつけないと行けませんねとか話しました。看護師さんとちょろっとでも話できた事は良かったです。
医者は話を聞かせて頂いてもホンマ一般的な事しかしゃべりませんね。もっとも病院ではないんで医者は専従ではないのですからやむおえないとは思いますが。
母は体温も37度を切ってましたし。体調は良かったようです。
会った職員の方が、兄の様子を気にかけておられました。

兄の処は前日行ってきた。声が少し弱々しいけどかなり落ち着いてきたかのようでした。で昨日反対側の手術が為されました。

そして良かったのは豊泉家往復でも右足の痛みは出なかった!ハリはまだ感じますが。ホッ。自転車に乗って風を受け「秋だな」と
[PR]
by takudoo1021 | 2010-09-15 10:49 | 日々のこと