大阪の尺八吹きです。尺八にとどまらず自作のオーディオや想いを!骨髄異型性症候群と多系統萎縮症という難病をわずらて闘病生活に入っています。


by takudoo1021
カレンダー

<   2011年 11月 ( 15 )   > この月の画像一覧

 今日はタッキー816エフエムみのおで「DJカーニバル邦楽」の収録だった。自転車に乗って家から40分。10時からはじめ11時過ぎに終了。でその後曇ってはいたけど箕面の紅葉見に行くか!b0189977_14543621.jpgと自転車で滝道へ
見頃は過ぎていたけど、自転車おいて滝道を登る。
平日だけどやっぱ観光客は多い。
歩こうと地元の人らも来られている。
久の「遠足」に卓道も息が乱れる。
そんな時は深呼吸が気持ちよい。
でも今はこの滝の水は、『箕面グリーンロード』のトンネルに
湧く水をポンプで送っている。
「開発」による景観破壊の最たるところ。
b0189977_157141.jpg  道途中で「おでん定食」を食べて滝に着き
  写真ポイントを捜す。やっぱ紅葉もほしい。
  見つけた!
  が左の写真であります。


b0189977_1520819.jpg

 帰路、
 瀧安寺の境内で
 見つけた
 春を待つ
 木の姿

b0189977_1525493.jpg
そして馴染みの(家は実はココの檀家であります)聖天宮「西江寺」によって写真をとって、滝道の自転車置き場で自転車に乗り、帰ってきました。出不精の卓道でありますがやっぱ良かったであります。
[PR]
by takudoo1021 | 2011-11-28 15:31 | 日々のこと
◎舞音交響詩「月に祈る」
第六章・アニミズムの回帰......再生の為の荒ぶるエネルギー。怒りと愛おしさと、切なさと......えにし庵で、2011.11/12の­「感月祭」の時の映像6です。 4’51


舞踏 佐野真紀子
山本公成 福本卓道 三上賢治 別所誠洋

第八章・かぐや姫の奇跡......月への巡礼団。愛おしさを抱きしめた、祈りの歩行......えにし庵で、2011.11/12の「感月祭」­の時の映像8です。  7’14

全員によるセッションであります。卓道も公成さんのSAXに絡んでおります。

天然肉体詩 虫丸 舞踏 Butoh 藤條虫丸 The Physical Poets 佐野真紀子 デカルコマリィ 神原くみ子 MAYA 牧桃子 山本公成 福本卓道 出口煌玲 片山旭星 南澤端浩 貴瀬修 HIDE190.C.T.M.YEDAKI JAPAN Sarah 三上賢治 中島光一 AKI-RASunrise!

総てはコチラ→YouTube
[PR]
by takudoo1021 | 2011-11-26 12:16 | ライブの報告と試聴
 23日勤労感謝の日には例年表題の尺八献奏大会が東京の新宿区にある法身寺で行われています。秋と言うこともあって、毎年はお伺いできていないのですが、今年は虚無僧研究会創立30周年記念ということで、参加させて頂きました。朝5時半起床で、6時過ぎに家を出て新幹線で東京へ。11頃につきました。既に7曲ほどすんでいました。まだ40曲在ります。
b0189977_171615.jpg

 写真は38曲目の姫路から参加された知り合いの國見政之輔さんの調・下り葉の吹奏。
ソロで吹かれる方もあれば、15人の連管もあり、プロ活動されて居る方や少ないけれど顔見知りの方、関東の方が多いですが、宮城、北海道、大阪と遠方よりお見えの方も。地無しの竹在れば、長管も。延々と竹の調べが続きます。
b0189977_17152549.jpg

 写真は大阪から参加された40曲目志村禅保さん。高橋悠治作曲の「偲び」の演奏。後の懇親会で「このような現代曲が残り、将来の古典本曲になればと思う」と話されていました。
 卓道は42曲目に明暗真法流の「朧月夜」を地無しの2尺管で献奏させて頂きました。多分珍しい曲だと思います。後の懇親会で、同じく明暗真法流の楠木氏子別れ之曲を吹かれた相良保之さんとも話が弾みました。
 献奏大会が終了したのは午後6時。そして懇親会。仙台から来られ「産安」をふかれた東洋・日本美術史の研究をされている泉武夫さん、若手ながらプロとして活躍されている小濱明人君、今日は「打波」を聴かせてもらいました。いつもこの会でしかお会いできないのですが自作の3.3尺管で「バン字」を吹かれた東京の渡辺俊典さんなど尺八吹きのいろんな方との出会い、語らいがありました。
 日本酒飲んで、どうも飲まれたようで、法身寺住職であり会長の小菅大徹先生には新宿までタクシーでお送り頂くなどご迷惑とご足労をおかけ致しました。申し訳ありませんでした。
 虚無僧追善供養尺八献奏大会に参加させて頂き、いっそうの尺八研鑽を続けていくことを、改めて心に誓いました。帰宅した夜。まだ疲れが残ってる感じでしたが、我が弟子、山口さんの「山谷清攬」池田君「些志」の本曲稽古をやりました。 
[PR]
by takudoo1021 | 2011-11-25 17:46 | ライブの報告と試聴
明日は新宿区の法身寺での虚無僧研究会30周年記念虚無僧追善供養尺八献奏会に参加してきます。深夜バスで帰ってきます。
 曲は明暗真法流本曲「朧月夜」を吹きます。全47曲中42番目です。4時半過ぎが出番かな。
全国から本曲吹きが集います。
[PR]
by takudoo1021 | 2011-11-22 21:08 | ライブの御案内
えにし庵での感月祭2011の第二部「月に吠える」の映像が坊内由香さんがYouTubeにアップしてくれてます。全パートは8つ在ります。そのうち卓道のききどころの物をリンクさせて頂きました。
◎舞音交響詩「月に祈る」
第三章・巡礼......愛児の亡がらと幻野を旅する男達。追憶と、悔恨の歩行......(9’08)

舞人:藤條虫丸 金亀伊織 デカルコマリィ 玉葉 照平 水祈
音人:福本卓道(尺八) 片山旭星(筑前琵琶) 中島光一(Key・per)AKIRA(per)

すべては→コチラ
[PR]
by takudoo1021 | 2011-11-20 12:36 | ライブの報告と試聴

二度目の韓国その②

 あけて15日(火)はソンミンサン村劇場での本番。昼過ぎから場当たり、照明音響のチェックをしb0189977_10101873.jpgて7時から本番

 まずはリナさんの篠笛に
     JUN、ヤスの獅子舞奉納。

 2番目は卓道がソロで
    明暗古典本曲「松巖軒鈴慕」を献奏。

b0189977_1019764.jpg
 今回も高先生の尽力で多くの韓国の画家達がオーク
 ションを開催していただき、大震災への義援金を集め
 て頂いた。
 その返礼もあって、東北の虚無僧寺所伝のこの曲を
 選んだ。
 熱きものが、胸に込み上げつつ、吹奏。

b0189977_10434215.jpg
 3番目がヤスさん構成の「真人現」
 ソンミンサン村の方など、今回ヤスさんのワークショップを
 受けられた方が取り組まれました。
 通訳をして頂いたSookwi Choさんも出演されました。

b0189977_10531479.jpg

 続いて、ねこさんのワークショップを受けられた方による
 コンテンポラリーダンス。
 小学生もいたんで心配も在りましたが、ねこさん見事に
 仕上げられました。b0189977_10591376.jpg


5番目はリナさんによる地歌舞。着物姿がお美しく、観客の目を引きました。


b0189977_1117137.jpg


 最後はJUNとヤスの傾舞。
 卓道の尺八にリナさんとねこさんがパーカッション。


b0189977_11265756.jpg

 約1時間の舞台。
 韓国の観衆はノリが良く、声も出る。
 また集中力も凄い。
 おかげで気持ちよく舞台を踏ませて頂きました。


 公演当日の写真はソンミサン村の写真作家カリムトさんが撮影してくれたものです。 (続く)
[PR]
by takudoo1021 | 2011-11-19 11:32 | 韓国ツアー

二度目の韓国その①

 韓国から昨日帰ってまいりました。今回は著名な風刺漫画家の高先生、ソンミンサン村、参与連帯の方々との友好と共同を深める「天人平和芸術使節団」として二度目の訪韓となりました。
 感月祭を終え次の日出発。仁川国際空港からソウルへ。街中で、先発隊のJUNさん、ねこさんと合流し、竹本泰広さん、Rina Takahashiそして僕と揃う。宿舎は「BEBOP HOUSE」
b0189977_17555417.jpg
みなさん寝る前とか暇が在ればメールチェックやfacebookとかにいそしまれている。世代のギャップか(涙) 次の日ソンミンサン劇場のスタッフの方と打合せをすましてb0189977_17263050.jpg
 北村(BUKCHO)の方へ観光に。
 歴史的な古い町並みが続く。
 このメンバーがバンドなら
 CDのジャケットにでものショット
 ヤスさんは公演に向けて
 「真人現パフォーマンス」のワークショップ
 これにはソンミンサン村の希望者が出演。b0189977_1744488.jpg










b0189977_17572158.jpg

 夜は文来洞の芸術創作村(町工場街の空いた所に芸術家達がアトリエ、稽古場などで利用していく)近くに政府が建てた劇場で劇団Momggolの芝居を見学。開発のために追いやられた庶民の姿を大きなリヤカーに絡みながら4人で演じられていくセリフ無し(ちょっとだけ在った)。
 何となく、日本の維新派的というかアングラな感じの展開で心も奪われた。
b0189977_1816382.jpg

 今回は少し寒かった(凄く寒かったとの声も)けど天気にはめぐまれました。ゲストハウスの近くのセンス良い喫茶店の屋上でゆっくりとハンモックに揺られながら、青空を眺めゆっくりもしました。   
[PR]
by takudoo1021 | 2011-11-18 18:20 | 韓国ツアー
 11月12日四條畷のえにし庵での「感月祭」が終わりました。次の日韓国に出発したんで報告がおくれました。はじまりは椿野央師先生のあんま教室。
b0189977_11433516.jpg
そしていろいろあって日が暮れて
b0189977_11465840.jpg
虫丸が山本公成・片山旭星(筑前琵琶)の音で舞う。食事を食べて、第二部の舞音交響詩「オクネンノイノリ」が始まる。The Physical Poetsにゲスト参加のダンサー達も加わり野外ステージでイノリの舞がひろげられました。空には。
b0189977_11503296.jpg

終わって、打ち上げに参加できずにあたふたと帰宅しましたそれが残念!
誰が言ったかアングラ大人の秋の文化祭!
[PR]
by takudoo1021 | 2011-11-18 11:53 | ライブの報告と試聴

TPPの参加問題について。

 立冬が過ぎ気温がぐっと下がりました。何故かまだ側に扇風機が在りますが(涙)しとしととした秋雨の日。
明日は四條畷の生駒山脈の麓にあるえにし庵での「感月祭」に参加します。そしてあさってから17日までは韓国へ行きます。準備をしなくちゃ。

 さてTPPの参加問題がクローズアップされていますが、野田どじょう首相の判断が一日先送りされましたが山場を迎えています。
 多くの点がワイドショーなどで出されていますが、工業には必要・農業がつぶれる等々。情報が少ない!なども。
 TPPの参加問題のポイントは何か。これはアメリカが自国の経済立て直しのために必要としている要求が本質なんだと言うこと。
 日本は既に、中国、韓国などとほぼ問題なく「経済圏」を構築し貿易量もアメリカをぬいていろ。そういう意味での貿易面での「心配」は少ない現状。ただ、車輸出はアメリカ市場をふやしたいのは在るんだろうけど。
 一方アメリカは輸出拡大と中国に対しての圧力的にTPPを深刻にすすめなければならない現状がある。
 ということは日本にとってメリットは少ない。しかしながら、産業界(自動車・家電含め)はアメリカ市場が救いの道に見えるようで、とにかくTPPに参加の圧力を出す。
 TPPは自由化の名の下に、一企業であっても、「自由」でないことでの当該国のシステムの改変を要求出来る。このあたりから、医療、各種保険、公共事業の請負、郵貯の莫大な資金などいろんな分野に問題が浮上してくる。
 確かに今の日本のシステムが万全か、改革の必要はないかというと、はっきり言って問題点ばかり。
 しかし、TPPがらみでの改革の強制は、アメリカの新自由主義的「全くの規制廃止」「自己責任」「強い物が勝ち、弱者が負けるのは当然」の押しつけであることではないでしょうか。まさに経済システムがアメリカナイズされる。
 アメリカを中心とするオオカミファンド金融資本が日本をしゃぶりまくろうと狙ってる。
 これが本質だと思う。
 
 公共事業についても今は地方の事業に対しては地元の企業をと規制されているが、おそらく「規制撤廃」されると大手ゼネコンが直に算入する。(現実的にはダミー会社を使って関わることも在るんだろうが)そして待ってましたと外資も参入する。もっとも公共事業のムダが多いことは前提ですが。
 それと郵貯銀行の膨大な資金。民営化といいつつもとりあええず国の管理下にあるが、ココにも国際金融資本は手をこまねいている。新自由主義者小泉が郵政民営化をやったのはまさに彼らの、アメリカ要求に従っての事だったのはいまや明白になっている。
 
 そう見ればTPPとはまさに環太平洋を取り巻くアメリカの「新・新植民地政策」「ネオ植民地主義」といえる。
 いわゆる「規制緩和」「自由」の名の下に産みだされたのは、「日本文化」の崩壊、個人商店の崩壊、地域の衰退、正規雇用から派遣労働へ、(首切り御免)、日本の伝統的生活様式・文化のいい面を潰してゆく。

 古典尺八をやってる卓道としても黙ってはいられないものなのです。
[PR]
by takudoo1021 | 2011-11-11 11:05 | 日々のこと

119祈りの舞

昨日は天人天然芸術研究所での「119祈りの舞」に行ってきました。
即興舞踊手さのまきこさんが
「119私達の新しい時代へ911のような病みや痛みを
反転させ調和と平和に向かえるように祈り舞を天にささげます…」
ということで

即興舞踊手 さのまきこ
傾   舞 Jun AManTo
  音     りな

さのまきこさんの踊りを正面から拝見するのは、初めてと言っていい。いつもは後ろから音を担当してる事が多いんで。

様々な情念・愛憎からそのカタルシスへ。JUNくんとのデュオの踊りで展開されていく。音もよかった、りなさん。

終わってから話もそこそこに
映画「GATE」スタッフ試写会(あくまで12月23日の本上映のために「GATE」に賛同・宣伝協力してもらうということです)に参加した。 
「GATE」とは…この世に二度と同じヒロシマ・ナガサキの悲劇を起こさないと願った、日本の僧侶たちの祈りの行脚を、ヒューマンドラマとして記録したドキュメンタリー映画

 「この世に二度と同じ悲劇を起こさないと願ったある日本の僧侶たちの祈りの行脚。2005年7月、僧侶たちは、アメリカンインディアン、宗教や宗派を越えた平和を祈る様々な人々と共に、アメリカ、サンフランシスコから、世界最初の核実験が行われたニューメキシコ州のトリニティサイトまで、砂漠、山、250以上の街を越え、灼熱の中、2500kmの旅をした。60年間、祈りとともに絶やす事なく燃やし続けた大切なものを運んで。広島の原爆投下から採取した原爆の火。すべてが始まった悲劇の原点、グラウンド・ゼロ(爆心地)にその火を戻し、負の連鎖を絶ち永遠に眠らせる。」

12月23日に大阪で上映会が持たれます。また案内致します。
[PR]
by takudoo1021 | 2011-11-10 12:14 | 日々のこと