大阪の尺八吹きです。尺八にとどまらず自作のオーディオや想いを!骨髄異型性症候群と多系統萎縮症という難病をわずらて闘病生活に入っています。


by takudoo1021
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2012年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧

 昨日は阪神西宮駅近くの白鷹禄水苑の宮水ホールでの雪百景22「酒蔵で楽しむ地唄舞<呉服>」に参加してまいりました。
 まず河内厚郎先生の「呉服」にまつわるお話しが、日本書紀に織り染めのために呉の国からくれはとあやはを連れてきたと。その染め織りの発祥の地がこの近くであると。水がきれいと言うことで、酒造りもさかんだと。
 そして古澤侑峯さんの舞「呉服」(くれは)が始まる。そして次が卓道の古典本曲「真虚霊」。
b0189977_17191041.jpg

 今日初めて人前で吹く2尺6寸管。練習時より良くなってくれたというか宮水ホールの木の響きに助けられた感じではありましたが、しっとりと奏でることが出来ました。
b0189977_1724556.jpg



  そしてゲストの
    プーリー・アナビアンの
       サントゥールの響きが
    気持ちよく拡がる。



b0189977_17301077.jpg

  そして地歌舞「雪」立方は侑峯さん
  地方は何と卓道一人。
  本来は唄・三味線であります。
  其処をご無理をお願いして挑戦させ
  て頂いた。
  「雪」は好きな曲であったし
  まさに尺八で泣ける曲で、今回も
  ついつい感情移入が深まり
  音がつれなく響くところももあった。
  
  もちろん侑峯先生の舞とのコラボは
  重ねさせて頂いてるが、
  多くは即興、本曲でありました。
  久の地歌の吹奏がこのような形で
  実現できたことに感謝であります。



終わって、白鷹の販売されていないまさに絞りたてを頂いた。まろやかで口の中でとろける旨味。
ついついあつかましくよばれる。22度と言うことでかなり酔いもまわる。周りが回らぬまにお開きと。
終わったあとでお客様とも語れることはホント有り難い。河内先生、侑峯先生有難うございました。
写真は弟子の酒好きの池田君に撮って貰いました。 
[PR]
by takudoo1021 | 2012-01-30 17:51 | ライブの報告と試聴

宮城 梓 LIVE TOUR

 【宮城 梓 LIVE TOUR ~独唱~】 の最終日として、土塔庵で着物をきて是非と言うことで我が土塔庵を選んで頂いた。ソロでの初めてのツアー。東京2か所、名古屋を終えられて、お着きになって凄く気にいっていただきました。b0189977_1604392.jpg


三線を片手に、沖縄民謡、そして古典の曲を歌われる。
りんけんバンドの照屋林賢プロデュースのティンクティン
クの元メンバー(本人さんは卒業と)ということであります
が、古典を勉強されておられると。
沖縄の古典の曲を生で聴くのは初めてでありましたが、
しんみりと夕暮れの海岸で聴いているような気持ちよいも
のでした。
b0189977_16233488.jpg

 お客様も、宮城 梓ファンクラブの感じで、「さんば」をならされたり、おおいに盛り上がりました。
 終わって、「今日の音良かったです」とおしゃって頂いた。旧民家の土塔庵の自然な響きと、卓道制作のデジタルパワーアンプのもたらしてくれたもの。PA担当者としても嬉しい限りでありました。
 宮城 梓 さん有難うございました。また土塔庵でのライブお待ちしております。
[PR]
by takudoo1021 | 2012-01-30 16:38 | アートスペース土塔庵

この間は

 2週間のご無沙汰になりました。14日(土)は土塔庵寄席終了後、堺の深井から中崎町の天然芸術研究所へ向かい、夜JUNの傾舞に音で参加しました。久し振りの単独での音作りと言うことで、尺八以外も幾ばくかの鳴り物を使いました。いつもは尺八だけなんで何年かぶりであります。その様子はUSTREAMで見て頂けます。下記をクリック下さい。

   
     USTREAM JUN AManTo Kabuku mai dance live  

 今週末は28日(土)は土塔庵での宮城 梓 LIVE TOUR ~独唱~】
 ソロ初の東名阪ツアーライブツアー。 三線ひとつで『独りで唱う』アコースティックライブ!
 でPAと受付とかでの仕事です。宮城 梓は1999年~約12年間 ティンクティンクとして国内外にて活動。
 結構いろんな処からお客さんがお見えになりそうです。

     詳しくは→アートスペース土塔庵

 また、29日(日)は、西宮の白鷹の酒蔵で14:30開場、15:00開演で下記のイベントに出演です。

酒蔵で楽しむ地唄舞<呉羽>中国から日本に織物を伝えた呉羽の縁の地、西の宮にて
出演:古澤侑峯(舞)
    福本卓道(尺八)
    ゲスト:プーリー・アナビアン(サントゥール)
前売り3000円、当日3500円(試飲付き)
処:白鷹禄水苑の宮水ホール 阪神西宮駅南出口より南へ徒歩7分
(西宮市鞍掛町5-1) TEL:0798-39-0235   予約たまわります。

 実は、この間この時に吹く本曲のために、新しい尺八を使おうと、山口さんが作られた2尺6寸管の最終調整と吹き込みに多くの時間をかけておりました。
b0189977_17222667.jpg
数ある長管の中で写真の真ん中の竹です。一番下のが、2尺3寸管です。地無しの延べ管ですんで調整は微妙ではありますが、あごあたり、ピッチ、音色とか響き、を吹きながらいじくっております。曲は仕上がって吹いて決めるつもりです。時間がないですが。
 それともう一つ、今回のイベントで古澤侑峯さんが舞われる地歌「雪」を尺八のソロで挑戦させていただけそうなんで、それの練習にも力が入ります。本来は、唄と三味線の世界でありますが、雪のちらつきと鐘の音に心を託す女尼の心にどれだけ迫れるかと、励んでおります。地歌は滅多に人前ですることのない卓道の大きな試みであります。ぜひ西宮へお越し下さい。 
[PR]
by takudoo1021 | 2012-01-26 17:35 | 尺八
b0189977_16112552.jpg
 今年初めての土塔庵寄席は、
1月14日(土)開席。
お正月特別編としていつもの三席に加え
里見まさとさんも駆けつけて下さりました。
火鉢に炭をいこし、お餅を焼きながら、
お客さんを迎えて下さりました。


b0189977_16141656.jpg



  まずは、桂ちきんさんの「犬の目」
 町の目医者のええかげんな話
 今年の土塔庵寄席の初笑いです。

b0189977_16174085.jpg
二席目はいつもの旭堂南陽さんの講談。
木下藤吉郎の若かりし頃のお話し。

b0189977_1621065.jpg




 三席目は太平洋さんの「競馬解説」ではなくて
 左甚五郎シリーズの「猫餅」の力演。

b0189977_16243212.jpg



トリは里見まさと師匠のストレス解消の
創作話。何故か明智光秀・吉良上野の介・
ナポレオンが登場。


今年も土塔庵寄席をよろしくお願い致します。2月は11日の第2土曜 12:45開場・13:15開演
土塔庵寄席 その64

落語 桂紋四郎
落語 月亭八斗
落語 桂 春蝶

入場料:1200円で行います。生の寄席で寒さを笑い飛ばしましょう。
[PR]
by takudoo1021 | 2012-01-26 16:31 | アートスペース土塔庵
 昨日は地元の太鼓サークル「螢」の新春自主公演、3月の「HOTARUのたいこ」に向けてのライブ=太鼓サークル「螢」5人の会=に参加してまいりました。
b0189977_115447100.jpg
 石川県の太鼓チーム「美由紀座」の作品「くじら」ではじまり、2曲目はオリジナル曲「心~cocoro」メンバー4人の息のあったバチさばきが続く。
 3曲目は「竹田の子守唄」津軽三味線、太鼓のソロがあり、三味線がメロを取る。2コーラスから尺八が絡み、3コーラスは尺八がメロ。太鼓のソロがあって、2人がさり尺八のソロ。竹田の子守唄・追分・アメージンググレイスを絡ませ5分ぐらい。あつい!暖房は入ってないんだけど、お客さんの人いきれで熱気というか、汗がタラタラ出だす。そんな中の演奏でした。
 続いて、チャングを使った、「ソルチャング」と「螢」のバリエーションが続きます。
b0189977_11351051.jpg
5曲目は弥栄太鼓と続き
6曲目は、ドビュッシーの「月の光」のピアノ演奏に太鼓が絡む。「螢」としても初めての挑戦でありました。
 ラストは時勝矢一路作の「地天~魁」まあこの世界ではスタンダートでありますが、彼らの初の自主公演にかける熱気があふれたんだはないかと思います。
 「5人の会」?「螢」のメンバーは4名。5人目は卓道ということでありました。今回の取り組みから彼たちもいろんな経験を積んだと思うし、また3月25日(日)「HOTARUのたいこ2012」の向けて盛り上がっていけばいいなと感じました。
[PR]
by takudoo1021 | 2012-01-08 11:55 | ライブの報告と試聴
 2012年が明けました。DJカーニバル邦楽もすこやか新春を迎えました。これもタッキーの聴衆の皆様のおかげであります。今年も、いい邦楽を皆様方にお送りできるようにと決意しております。
 さて1月の放送は前半は幕の内ということで、お正月らしきうたを、後半は、今年をいい年にしたいと選曲しました。ネットでも聞けますのでどうぞお聴き下さい。b0189977_11281579.jpg

①雅楽「越天楽」      宮内庁楽部
②端唄「京の四季」    唄:市丸 三味線:静子・豊藤 鳴り物、笛
③上方唄「高 砂」     唄・三味線 北野峰琴
④上方唄「門 松」     唄・三味線 北野峰琴

⑤「満月の夕」       唄:平安隆
⑥「復興節」         唄・演奏:ソウル・フラワー・モノノケサミット
⑦「荷方節」         三味線:佐藤通弘 尺八
⑧「ウツワスカラップ」    唄・トンコリ:オキ
⑨「安里屋ユンタ」     唄・三線:大工哲弘
卓道の選んだ今日の一曲!は良く共演させて頂いている山本公成さんのアルバム「月ゆめⅡあしたへ」から「森の精」を聴いて頂きます。ネイティブ・アメリカン・フルートの音色をお楽しみ下さい。
 如何でしょうか。いつもとはちょっと違った雰囲気で。

◎放送はタッキー816エフエムみのおで
  1月8日(日)11:00~12:00 (再放送 1月8日(火)15時~、21時~)です。
     タッキーについて詳しくは下をクリック下さい。
         タッキー816エフエムみのお
 DJカーニバル(邦楽)がネットラジオでリアルタイムに聴くことが出来るようになりました。
     
         コチラをクリック 
 ただし、放送の時間でないとDJカーニバル邦楽は流れません。リアルタイムですから。  
[PR]
by takudoo1021 | 2012-01-07 12:01 | DJカーニバル邦楽

三賀日は

 年明けで、今年こそいい年にしていきたいもんだと思います。
やっぱ寒いですね。異常気象の流れですね。さて卓道は元旦は新年会。
b0189977_1725640.jpg

ほぼ恒例になって、土希のマンションへ。写真は史晏くん。元気な盛りだ。お年玉と簡単なキーボードを上げた。しまった五月蠅く弾きまわる。b0189977_1793852.jpg
 河豚鍋の前に持って行ったおせちから。
 きずしは成功した。大豆と梅干し煮も。
 栗金団も、鰤の照り焼きも。
 まあ美味しく食べれることは最高。
 その後、鍋に
 妻が送ってくれた河豚もこりこりで美味い!
 聖子さんに忙しい目をさせました。
 といえばヒロスケは食べるだけと。

 2日は年賀状の作成に没頭。というも作業しようとしたときプリンターの調子が悪い。葉書をすってくれない。結局手差しで一枚一枚刷って。ということで宛名は何年かぶりの手書きと。届いた賀状を見ながら返事書き。ほぼそれに追われた。賀状おくれてすんません。こんな事情です。

 3日は恒例の越木岩神社への初詣・初吹き奉納演奏。明暗尺八道友会のメンバーと。
b0189977_17254518.jpgデジカメ忘れて、写真は日頃の神社であります。
古代から甑岩を霊岩として信仰を集めており、
江戸時代(1644年頃)に社殿が再建されて
西宮神社より蛭子大神を勧請し、
蛭子太神宮と称した。
今の社殿は15年ぐらいに作られたもの。
40年前ぐらいからずっと続けています。
b0189977_17381852.jpg 境内の能舞台での演奏の様子が今日の神戸新聞に
 掲載されています。
             ↓
        神戸新聞の記事を見る。


 また、同じ越木岩神社では毎年、田中佐和子さんの陶芸作品の展示がされており、色合いが素敵なんで今回も手に入れちゃいました。
b0189977_1750176.jpg

 ということで、三賀日は過ぎてしまいました。昨年は皆様方に本当にお世話になりましたし、ご無沙汰の方も居られると思います。今年こそいい年に!よろしくお願い致します。
[PR]
by takudoo1021 | 2012-01-04 17:56 | 日々のこと